【不思議体験記24】アシュタールが語った私の使命と過去世part

0

    ※前回のあらすじ

    緊張しながらも当日に会場入りした私は、テリー氏から発せられる柔らかいオーラのようなもので緊張感がほぐされ、リラックスすることができた。その後も続々と参加者が集まっていよいよセッションが始まると、テリー氏の頭の部分から、透明な高波動のエネルギーが放たれているのを見ることができた。ついに、アシュタールが降臨する時を迎えたのだった。

     

    ◎「フルトランス状態」で全てを見抜く − 高次元からの貴重なメッセージ

    テリー氏がアシュタールに「入れ替わる」までの、いわば儀式的所作が終わるまで、会場内は沈黙に包まれていた。

     

    おそらく今回の参加者の中には、これまでにもすでにテリー氏のセッションを受けたことがある方が何人かいるのだろうと思ったが、私と同じように今回が初見という方は、この後に一体どんなことが起こるのだろうかと、好奇心ありありの眼でその様子をうかがっていたことだろう。

     

    そして、その沈黙を一変させるかのように、テリー氏は突然、開口一番このように語り出した。

     

    ※以下、フルトランス状態のテリー氏が語る言葉は全てアシュタール自身の言葉であるため、

     アシュタールの言葉を「ア」と表記する。なお、下記文中内の会話内容などは、セッショ

     ン中に私がメモ帳に記録した内容をもとにしている

     

    ア「ホーホッホッホ、私の小さな子供たちよ。皆さんに祝福を」

     

    ……何だ今のは!? 声が明らかに太く、そして低い。先ほどの女性らしい声はどこにいったのか!? 何がどうなったのかと呆気にとられてしまうほど、テリー氏が急におじいちゃんに変身した瞬間だった(笑)。

     

    品のある女性が、急におじいちゃんのような声でホーッホッホと高らかに笑うその変貌ぶりに、この様子を初めて見る者はみな度肝を抜かれたようだった。

     

    その後、「この部屋の中心にボルテックスをつくる」と言い出すと、いきなりテリー氏は腕を大きく振り上げ、「ホーーー!」だの「ヒューーー!」だのと、会場内に響き渡る奇声ともとれる声を上げながらエネルギーポイントをつくり出した。私は内心、「隣の部屋を使っている人たちに不審がられやしないだろうか?」などと心配してしまった(笑)。


    このボルテックスとは、訳すると「渦巻き」ということだが、宇宙のエネルギーがアシュタールを通じ、まるで渦を巻くかのようにして、この部屋に降りてくることを意味しているのだろう。

     

    ◎個人的な悩みであってもそれは多くの人が同じく悩んでいる

    さて次に、申し込み時に事前申告をしていた個人の質問コーナーへと移った。

     

    通訳の方が順番に個人の質問を読み上げ、該当する者に対してアシュタールがアドバイスやメッセージを伝えてくれる。


    ここではプライバシーの関係もあるので詳しくは書けないが、参加者の質問の中には、恋愛や結婚をはじめ、仕事、今後の人生についてなど、それぞれが抱える悩みや問題を少しでも解決できれば、という思いが込められたものが多かった。

     

    ただこれが、グループセッションという形式上の1つの特徴とも言えるのだが、プライバシーを含む個人的な質問やアシュタールからのメッセージを、通訳の方がマイクを使って話をするため、会場内の参加者全員がそのやりとりの内容を聞くことになる。


    しかしこれが悪いわけではない。他人が抱える悩みや不安であっても、実はどこかで、自分自身にも当てはまる可能性があるからである。

     

    そういう観点からすると、他人の悩みや不安を自分に置き換えて、そこから少しでも問題解決へのヒントが得られるよう、その言葉を理解することにも大きな意味があるのだろうと思える。


    アドバイスを受けた方の例を挙げると、「あなたには観音菩薩がついています」と率直に言われた女性が、何か思い当たるふしがあったのだろうか、涙ぐみながら耳を傾けて話を聞いていたり、ある人には「あなたを守護する存在は※4サナトクマーラであり、その彼から今あなたに、身にまとうマントが授けられています」と言葉をかけると、テリー氏が席を立ち、実際には目に見えないがその方にマントを肩にかけるしぐさをする場面もあった。


    また、「そこに席を並べて座っている三人の女性は、今日ここに来たのは偶然ではなく、過去世の○○時代の○○(実際にその場所を告げた)において三姉妹だった方々です。このセッションが終わった後にでも、よくお互いに話をしてごらんなさい。今の時代においても、共通する部分が多いことに気がつくことでしょう」などと、具体的にその人しか知りえない部分や、関わりのある存在、そして時代遍歴なども伝えてくれるのだ。

     

    ※4…近代神智学において、1850万年に金星からやってきたとされる霊的指導者。

       ゴビ砂漠上空に存在するとされる亜界に、シャンバラという地球のエネルギ

       ーセンターを発生させ、そこに住んでいるという。京都の鞍馬寺にも由緒が

       ある

     

    その他の方たちにも、同様にさまざまなアドバイスを伝え、本人しか知らない内情を見抜いて解決法を話し、今生での生き方の道しるべを与え、そして涙ぐむ女性に共感するように涙ぐむ女性も出てきたりと、みんなそれぞれの人生を、それぞれが一生懸命に頑張って生きているんだなと、聞いている私自身も深く感銘を受けた。

     

    アシュタールから語られる言葉を聞き逃さぬようにと、みながメモを取る中、時間にして1人約10分程度という短時間のセッションは滞りなく進められていった。


    そして、ここでようやく私がメッセージを受ける順番が回ってきたのだった。

     

    ※partい愨海

     


    記事をお読みいただきありがとうございます
    コメント
    コメントする








       

                     

    ◎私のプロフィールです

                    

    ◎カテゴリー

            

    ◎エントリー記事です

           

    ◎これまでの記事はこちら

            

    ◎ツイッターはこちら

    ☆画像付き掲載記事はこちら☆

    ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

          
                     

    ◎サイト内を検索できます