湧水心語(ゆうすいしんご)

湧水心語(ゆうすいしんご)

自分の中の秘めた目醒め

できるかどうか ではなく やりたいかどうか やるのが面倒くさい ではなく 楽しいかどうか なんで私が・・・ ではなく 私だからこそと それぞれに思いを上書きする だれかの許しを待つのではない 自分で自分...
湧水心語(ゆうすいしんご)

その場所で生きるのが我々人間

相手の評価の中で生きるならば とことん上を目指せばいい 今の自分の生きがいはそこにある 自分の信念の中で生きるならば とことん自分を好きになればいい 本当の自分を見つける目的はそこにある 時に その道の違いに気がついた...
湧水心語(ゆうすいしんご)

時の癒しが巡るとき

許せない相手でも 許せない発言があったとしても 〝それが起こった瞬間​〟から 時の癒しの時間軸が動き始める そしていずれ 癒しの刻が自分に巡ってきて すべてを許せるときがやってくる 私たちはすぐに解決を望みたがるが...
湧水心語(ゆうすいしんご)

それが目の前に存在する理由

この世界を生きる上で 目に見えるもの 触れるもの 目の前で起こっているもの それらがすべて 自分のためにあるものだと 自覚すること 自分がその幻想のために 必死に生きることではないのだ その声が 君の遠い...
湧水心語(ゆうすいしんご)

抱える腕に差し伸べられる手

いまそれができる自分は いずれそれができなくなって ひざまずいてしまった自分を 自らの腕で 抱えられる自愛を表せるだろうか すでにそれができない者たちへ 途方に暮れる彼らを しっかりと支えるために 自らの手を 差し伸べ...
湧水心語(ゆうすいしんご)

どの道であってもあなたの己知(みち)

あの時に 目の前のやるべきことを 一生懸命頑張ってきたからこそ 今の自分がある あの時に 無理をせずに その道を選ばなかったからこそ 今の境遇がある どちらの道も 選んだあとの成功・失敗の結果によって あの時は良...
湧水心語(ゆうすいしんご)

未ほど達を述べ、達ほどに未を悟る

達観に至らない者ほど 「多くのものを知っている」と 周りに誇示したくなる 逆に その道を極めた者ほど 「極めるほどにまだ上がある」 という真実を知ることになる その未達と真実を 幾度も垣間見ることが 輪廻の法理であ...
湧水心語(ゆうすいしんご)

人によって姿を変える試練の壁

これから迎える一つの試練 その壁は 自分の想像を絶するほどはるかに高く また越えがたき壁かもしれない これまでの人生の中でも 熱く 激しく そして心も体も岩壊させられるほどの 大きな衝撃を受けるものかもしれない ...
湧水心語(ゆうすいしんご)

あなたはあなたの〝労​〟でいい

世のため人のために生きることが ゆくゆくは自分の糧になる 自分自身のために生きることも ゆくゆくは世のため人のためにつながる その中で 地域貢献のために あるい自分の使命のために 尽力することは 大いに有意義なことで...
湧水心語(ゆうすいしんご)

その結果が生きている証

人生の中で起こる出来事に対して それが成功を収めたとしても 残念な結末を迎えたとしても そもそも何も関わらなかったとしても それぞれに結果が刻まれる 成功から得られるもの 失敗から学ぶもの 気がつかずに通り過ぎていくもの ...
タイトルとURLをコピーしました