【印象的な夢8】輪廻転生の仕組みと魂の学びを教わる2

Scene 1 苦痛を感じる日々に思い悩む − そして新境地へ
私はこれまでに、いくつかの転職を重ねてきた経緯があるが、その職歴の中で先輩や後輩をはじめ、取引先などで知り合った数多くの方たちと仕事を共にしてきた。

そして、かつては会社の同僚だった相手が、職場を離れた現在では友人として、食事を楽しむなどの交流を続けている者もいる。

しかし、人間関係というものはそういった気の合う方たちばかりではなく、時には私に対して非常にきつい態度で接してきた人物もいたことは否めないことであり、その中でも忘れることはできない、私の先輩だった一人の女性(以下:先輩女性)の存在があった。

この先輩女性は、よく仕事ができて評価が高く、他の同僚とも良好なコミュニケーションをとっていたが、なぜか私に対してだけは揚げ足を取ったり、非常に不快な感情を抱いてしまうほどの冷たい言葉で話しかけてくるなど、心ないその態度にいつも苦痛を感じながらも、毎日を耐え忍びながら仕事をこなしていた数年間があった。

その後、諸事情により私はこの職場を退職して新しい仕事に就き、だいぶ仕事にも慣れ、新境地の現場で気持ちを新たにして充実した毎日を送っていた。

毎日の苦痛に耐えながら仕事をこなしていたあの頃、あるいは心身の苦行とさえも感じてしまうほどのあの日々は一体何だったのだろうか……と思えるぐらいに、心も体も解放されてから約1年が過ぎた頃だったろうか、そんなある日にこの不思議な夢を見たのだった。

※Scene2に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました