許されているものを許していないもの

自らの魂がどんどん向上していくことを
だれも止めることはない
 
魂の成長には
限りもなく
制限もなく
それこそ無限なのだ
 
大いなる存在がそれを許しているのだ
 
そう思えるところにたどり着いた時
これがどれほどまでに心躍ることであるか
 
一瞬ではあるが
私は興奮を抑えられないほどの幸せを感じることができた
 
だがしかし
いうなれば1つだけ
その許されているものを許していないものがあることも
同時に理解した
 
その許していないものとは何か
一歩踏み出すことをためらうものとは何か
そのことを信じていないものとは何か
 
実に簡単なことだ
 
それは他ならぬ自分なのだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました