幸せに慣れていない者たちへ

苦労や困難、不安、失敗、挫折・・・

私たちの人生には
生きること自体がつらくて悲しくなるような出来事が
数多く降りかかってくる

運命や宿命といったものは
なんて残酷なのだろうかと
嘆きにひたる時もある

しかし時には
思いもかけないほど
嬉しさに満ち溢れることもある

幸福や富といったものも
当然ながら身の回りに存在するのだ

ところが
なぜか多くの者たちが
そんな幸福などは自分には無縁だと
心でつぶやき
そして遠慮して
せっかくの幸運をかみしめない者がいる

心で幸福を願う日々ではあっても
嫌悪を感ずる出来事には些細なことまで敏感になり
幸福を感ずる出来事には些細なことでは満足しない

私たちは
幸せという「幸来者​」の訪問に慣れていないのだ

ゆえに
〝唯心所現〟の言葉どおり
その心の念いが
その通りの現実を生んでいるのである

本来なら
『有』の世界に生きる我々は
そのどちらも
自分の中に在るということを理解すべきである

だからこそ
私たちはだれもが
幸せを遠慮する必要はどこにもなく
むしろ素直にそれを受け入れるべきなのである

心から幸せを感じ
「自由と喜び」を表現することは
他の誰にも邪魔されない
一人一人に与えられた権利であることも忘れてはならない

コメント

タイトルとURLをコピーしました