ごほうび参拝

●このコーナーでは、ブックレビューやトレンド品、気になるアイテムなどジャンルを問わずご紹介しています。

参拝をもっと楽しもう!

桜井識子さんの新刊が、3月23日にハート出版から発売されました(税込1,760 円)。

今回のタイトルは 『ごほうび参拝』

神社に参拝すればごほうびがもらえるの?と、うっかりはしゃいでしまうのは私だけではないと思いますが、それはひとまず置いといて、識子さんいわく「このタイトルには2つの意味を持たせている」そうです。※識子さんのブログや販売サイトのBOOKDATAを参考にしています。

 

テーマ1参拝をもっと思いっきり楽しみましょう!

識子さんが参拝をする際には、せっかく取材費をかけて行くのだから、できるだけ多くの寺社をまわらなければと、細かいスケジュールを立てて参拝をされるのだそうです。

なるほど~、それわかりますよね。

その日のうちに数か所巡る場合もおありだと思いますので、なるべく効率よく綿密なスケジュールを組まれているのでしょう。

しかし、時には移動に時間がかかったり、神仏との会話がはずんだりすると、その後のスケジュールがパツパツになってしまい、その結果、大急ぎでバタバタとなんとか参拝をすませる・・・ということが何回もあるそうです。

少しでも限られた時間の中で、私たち読者のためにご苦労なさって原稿を書いておられることがよく伝わってきます。

それにしても、上記の中で「神仏との会話がはずむ」っていう部分、独特すぎて面白いですw

これって、例えば皆さんも普段の生活の中で、予定していた時間に遅れてしまった場合などに、「いや~、さっきまで神仏と会話をしていて、意外にも話が盛り上がっちゃって、それがなかなか終わらなかったのでつい遅れちゃいました」って理由、言ったことあります?ないですよねw

フレーズ自体が新鮮すぎて一本取られました。( ´∀`)/

それを踏まえたうえで、このようにも書いておられます。

このような駆け足参拝をしてきた経験から、もっと余裕を持って、ゆっくりと神社仏閣を楽しみ、参拝後にお楽しみまでくっつけて思いっきりエンジョイしたほうが、自分にとってよい効果があることがわかりました。神仏にたくさんお話をして、ご神気をいっぱいに浴び、願掛けもして、授与所では縁起物を探し、境内の高波動に癒されて参拝を終えます。その後も慌てて帰らずに、近くにある温泉につかってみたり、美味しいものを食べてみたり、周辺にある施設を見学してみたりして、参拝をもっともっと楽しむ! という、これが今回のテーマです。

(出典:桜井識子オフィシャルブログ~さくら識日記~新刊本紹介記事より)

参拝は慌てなくてもよく、もっと余裕をもって楽しみながらのほうがいいということですね。

 

テーマ2自分を〝癒す​〟ごほうびにしましょう!

みなさんも、ぜひ行ってみたい!と思う神社仏閣がたくさんおありだと思います。

しかしながら、現在は新型コロナの影響によって自粛されている方も多くいらっしゃるでしょう。他ならぬ、私もその一人です。

そんなあなたに、このようなアドバイスを述べられています。

絶対に行きたい! という神社やお寺があるということは、ある意味、ラッキーです。というのは、その神社仏閣に行った時に、神仏から驚くほどの大歓迎をしてもらえるからです。神仏はその人が、長い間参拝したいと願っていたことを知っています。ごほうびとして特別に考えていたこともちゃんとわかります。参拝できてウキウキしている姿を見てニッコリと微笑み、そこまで信仰していることを喜んでくれるのです。

(出典:桜井識子オフィシャルブログ~さくら識日記~新刊本紹介記事より)

いつかは行きたい!と思っていた神社仏閣に行くことは、それ自体が自分へのごほうびとなるそうです。

神様へ対する私たちの信仰心が、そこまで歓迎されているものであることに気が付かされますね。その一人ひとりの〝神様を思う心​〟が、しっかりと届いていることに感激します。

なお、今作は東北、関東、中部、四国、九州の神社仏閣が紹介され、龍が驚くほどたくさんいるところや、宝くじのお願いをしてもいいという神社などもあるそうで、読むだけでもスピリチュアルな知識が増える寺社ばかりが掲載されているとのことです。

 

◎狸の神様:お稲荷さんほど目立たないけど…実はすごいごりやくとは
◎冠稲荷神社:子育て、子宝、安産、縁結びなど専門の眷属が勢ぞろい
◎平等寺:仏様と紐で繋がり結縁できるラッキーなお寺
◎豊川稲荷:狐に乗ったダキニ天さんはめっちゃ美人で太っ腹
◎加藤神社:清正さんが話してくれた秀吉さんの近況

コロナ禍でも毎日頑張っている自分へ-

参拝の楽しさがいっぱい詰め込まれた、読むだけでワクワクするようなこの一冊を、自分へのごほうびとしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ご興味のある方は、下記リンクからどうぞ。
※下記リンクが表示されない(または遅い)場合は↑上の本の画像からどうぞ

●当ブログは、ASPサイトが設ける審査基準を満たして正式に提携を結んでおり、またクリック先による販売サイトにおいてもその審査基準を満たして販売プロモーションの承認を得ております。

コメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました