虫が体にとまる…という謎

観客動員数101万人、出場校は56校という、共に史上最多を記録した第100回目の記念となる夏の甲子園が幕を閉じました。

決勝戦では、史上初の春・夏2連覇を目指す大阪桐蔭高校と、秋田県勢としては実に103年振りの決勝進出となり、体を後ろに反らして全力で校歌を熱唱する金足農業高校との一騎打ちとなりました。

結果的には、全国各地からエース級が集結した大本命の大阪桐蔭が優勝しましたが、かたや全メンバーが地元秋田県出身である公立高校の金足農業が、開幕から強豪校を次々とやぶり、その意地を見せてくれました。

持ち前の「雑草魂」を生かし、秋田県民のみならず、全国に感動の嵐を巻き起こしましたね!
(大阪桐蔭のつぶやき:俺たちが優勝したのにさ、金農に話題全部もってかれてんじゃん…)
↑冗談ではありますが、でも本当のようにも聞こえるつぶやき(笑)

そんな中で、おもしろいニュースがあります。

金足農VS大垣日大戦で、バッターボックスに立った金足農の菊地彪吾選手の背中のゼッケンに、なんとセミがとまっていたのです。

菊地選手の背中にとまっているセミ
(引用元:朝日新聞DIGITAL

菊地選手は、この打席でヒットを放ち、走塁中もセミはとまったままで、さらに三塁にヘッドスライディングをした際でも、落ちることも飛び立つこともなく、セミは背中にしがみついたままなのでした。なんと根性のあるセミでしょうか。

セミが体にとまるという、このニュースを見てですね、「…え、やっぱり、そういうことってあるよね」と、思いました。というのも、私もこれと似たようなことが、これまでに2回ほど経験があるからです。
(あ、私は高校球児ではありませんので、ゼッケンにはとまっていません )

まず1つ目は、つい最近ですが今から10日ほど前のお盆の時期です。その日は私は仕事だったのですが、敷地内にあるフェンスの前に立っていた時に、「カツン」とフェンスに何かが当たった音がしたので見てみると、何か小さな黒っぽいものが飛んでいました。その直後、それが私の右足の太ももの所まで飛んできたのです。

一瞬、「うわ、いまの何⁉」と思い、足を見てみると、それがセミだったのです。

そのまましばらく様子を見ていましたが、そこから動く様子がなく、足を軽く動かしても、一向に飛び立つ気配がありません。仕方がないので、手でセミをつかみ、一緒にいた同僚たちに「今ね、セミが飛んできて、足にとまったんだよね」と見せたところ、「えぇ⁉ほんとに?」 「何それ、そんなことあるの?」など、みんなちょっと驚いた様子でした。そしてセミをフェンスの上に置いたところ、元気よく飛び去って行きました。

2つ目は、3年ほど前の夏の日でしたが、同じ職場の敷地内にある駐車場に車をとめ、車からて降りて歩き出したところで、一体どこから飛んできたのか、1匹のセミが私の胸の所にとまったのです。

この時も一瞬、「うわ、何だ?」と思い見てみると、まるで私のことを?木?と勘違いしたかのように、セミがとまったままじっとして動かないのです。

この時も手でセミをつかみ、たまたまそこにいた近所のおばちゃんに「いま、セミが飛んできて、私の胸の所にとまったんですよね」といって見せると、「えー、ほんとに?へぇ〜」という感じで驚かれたことがあります。

あとは、セミの他にも「トンボ」と「蝶」もあります。これらの昆虫は、その時に一体どこから飛んでくるのかはわかりませんが、私の体にとまる場合があるのです。もしかして、私の体から木や花の蜜のニオイでも出ているのでしょうか。

皆さんにも、このような体験はありませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました