「感謝」に選別は無い

「感謝の気持ちを持つ」という

心からの清らかな行為が

単にうれしいや 有り難い という表現の域ではない

「魂源」からの賜りものとして

真に実践されるならば

もはやそこには

あらゆる事象に対して

良いも悪いも

選別する必要性はどこにもないだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました