東京でひっそりスピリチュアル

●このコーナーでは、ブックレビューやトレンド品、気になるアイテムなどジャンルを問わずご紹介しています。

『東京』の神社仏閣さんぽが10倍楽しくなる!

またまた桜井さんの新刊です!

先日は縁起物カレンダーが発売されたばかりなのに、もう次は新刊ですよ。

さすがスピ系ブログのトップランカーの方だけあって、サイクルが早い。いや、むしろこれが桜井さんの実力なのでしょう。当然と言えば当然なのかもしれません。すごいですね~。

さて、今回のひっそりスピリチュアルは「東京」にしぼっての内容です。

以前は京都版も出されましたね。ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、これはこれでおもしろかったですね。

京都版をちょっと紹介すると、例えば祇園さんの愛称で知られる「京都八坂神社」には、スサノオノミコトがまつられています。またの名を往古牛頭天王とも称するのだそうです。ぎゅうとうではありません。ごずですよ、ご・ず。

その牛頭天王と桜井さんが霊的なコンタクトをとった際に「神でも仏でもない、その間みたいなものだ」と、牛頭天王ご本人(ご神仏?)が言っておりまして、どうやら牛頭さんは神仏の世界に限らず〝魔​〟の世界にも顔が利く存在とのことです。Σ(゚Д゚)スゲェ!!

桜井さんの本の何が面白いかって、もちろん実際に神社仏閣に足を運ばれて肌で感じた体験型レポートの内容もそうなんですが、何よりも桜井さんと神仏や眷属といった存在たちとの会話のやりとりが興味津々なんですよね。

私も買いました!今回の東京版でも、数多くの神仏とのやりとりが満載です!( ・∀・)=b グッジョブ

※BOOKDATAより

・台東区の上野東照宮では温厚で親切な狸の神様に出会い、港区の愛宕神社では出世の石段から「降りる」のはNGだと教わります。

・府中市の大國魂神社は6柱の神様チームが手分けして願掛けを叶えてくれる珍しいシステムでした。

・そして皇居には、桜井さんが50回以上通ってつかんだ驚きの新事実がありました。

・神社仏閣の位置がひとめでわかるカラーMAPつき。

・桜井さんが既刊やブログで紹介した東京都の神社仏閣についてのひとことメモも収録!

◎発売は11月25日です。

ご興味のある方は、↑上の本の画像をクリックまたは↓下記リンクからどうぞ。
※下記リンクが表示されない(または遅い)場合は↑上の本の画像からどうぞ

●当ブログは、ASPサイトが設ける審査基準を満たして正式に提携を結んでおり、またクリック先による販売サイトにおいてもその審査基準を満たして販売プロモーションの承認を得ております。
●当ブログ運営側が購入者の個人情報を保有することは一切ありません。全てにおいて、販売サイト側の個人情報取り扱い規約に委ねられ、その情報は安全に保護されております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました