「どちらでもいい」と「どちらでもない」という価値

日常の出来事の中では

両方の選択肢のどちらを選んでもよい、という

境遇を学ぶ機会が多く訪れるが

しかし一方では

永き廻りのその中で

内なる自分にさらに磨きをかけるために

「はい」とうなずくわけでもなく

「いいえ」と首を振るでもない

「どちらでもない」という境遇に立つこと

そして立たされることを

深く学び識るときが訪れるという

コメント

タイトルとURLをコピーしました