『狛犬カード』が話題に!プレミアムカードがもらえる!

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。(_ _)

最近、指先の乾燥と荒れがひどくてスマホの指紋認証が3回とも全て却下され、毎回パスコードを入力するはめになっているクニです。ごきげんよう。

冬場の手荒れがメッチャひどいんです(泣)。で、ドラッグストアで見つけたツバキオイル入りのハンドクリームを塗ったところ、ベタつかずにしっとりし、肌になじんでとてもいい調子なんですよ。でもね、しっとりした手で再び指紋認証を試みても、やっぱり門前払いされてしまうんです。

・・・ん?まてよ、もしかしてツバキオイルのやさしい保湿成分に包まれた指先が、かえって指紋の凹凸を認識しづらくしてしまっているのではないのか?そういうことか!

まあ、どちらにしろ結果的に却下されるということは、根本的に手荒れを治さないとダメって事ですね。あ~あ、早く冬が終わってほしいな・・・(遠目)。

 

神社の狛犬がカードになった!

さて、今回は手荒れの話じゃなくて神社の「狛犬」に関してでございます。

みなさん狛犬は好きですか?私は好きなんですよね。神社に行くと、だいたい狛犬に話しかけていますし、普段から車で通る旧道沿いの神社の狛犬には、通るたびに「こんにちは!」と心の中であいさつをしています。(狛犬に挨拶をしている記事はこちらに掲載しています)

今回、狛犬に関する内容を取り上げたのは、なにげなく観ていたテレビ番組(福島の地方番組)がきっかけでした。

その番組は、ラジオでも人気のある女性パーソナリティが出演され、県内各地の名所や特産品などを紹介するコーナーがあり、私が観た回が神社の狛犬に関しての特集でした。

何やら、福島の中通りの南にある県南地域(主に白河市を中心にして西白河郡や東白川郡の地域)にて、狛犬&観光がコラボした地域おこし・街おこし企画が開催されていますよ、という内容でした。

※福島県は、大きく分けて会津地方・中通り・浜通りの3地方があるということを他県の方は意外に知らないのでちょっとご紹介します。まず、会津若松市を中心にラーメンで有名な喜多方市、磐梯山や猪苗代湖などがある県の西部エリアを会津地方、福島市や郡山市、白河市などの県央部が中通り、いわき市や相馬市など太平洋に面した東部エリアを浜通りと言います。県を縦に3つに割ったように3地方があります。

その企画で目玉になるのが、県南地域の神社にある狛犬がプリントされた『狛犬カード』なるものが誕生したよ!ということで、その数は全部で19種類あるそうです。

白河エリアにある神社の狛犬を19種類ピックアップ。スペシャルカードが気になるところ

いつもは、神社に行って見る・拝むというだけの狛犬を、カードにしたのでみんなでコレクションしようって斬新なアイデアですね。

実は、福島って狛犬で話題になることが今までも結構あるんですよ。特に、県南地域にある神社の狛犬がとても有名で、この地域に分布している狛犬たちの中には、「東北のミケランジェロ」とまで謳われた腕の良い石工である小松寅吉をはじめ、その弟子である小林和平がつくったものが多く存在します。

どうやら、そういった名工がつくった狛犬たちがカードになっている模様です。カッコイイですね!狛犬ファンには魅力的な企画です。( ・∀・)=b グッジョブ

 

コンプリートするとプレミアム狛犬カードがもらえる

はれて全19種類のカードをコンプリートした方は、なんと「プレミアム狛犬カード」なる極上のカードがもらえちゃうのです!

プレミアム狛犬カードは、現代アーティスト・小松美羽さんの作品を使用した特別なカードです。狛犬カード19種をコンプリートされた方が入手できるレアなカードとなっています。

 (引用元:ふくしま県南観光推進協議会 狛犬カード公式HPより)

※ちなみに、2022年1月29日(土)に白河市でプレミアム狛犬カードの原画が公開されました。

マジですか⁉ ( ✧Д✧) キラーン

これはぜひとも手に入れたい!と思った私は、実はこの放送後から、時間をみつけてすでにコツコツとカード集めを始めております。

ということで、次回以降はそのカード集めの様子をお送りしたいと思います。

 

●なお、本企画の詳しい内容は公式HPをご覧ください。下記にリンクを貼っておきます。

コメントはこちら