今年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます!

2020年の幕開け、輝年開花の年がやってきましたね。

実は昨日ですね、まずは初詣ということで地元の神社に行こうと思いまして、いったん車で神社の前を通ってみたんですが、そりゃあもう〜人がいっぱいいましてね(そりゃそうでしょ)、結局そのまま車で素通りしました。

…人混みが好きではないんです。ハイ…。そのままドライブしに行きました(笑)。

それで、どうせならいつもの公園で散歩でもするかと向かったのですが、その道中にいつも気になっている神社があるのです。

その神社の名前は「熊野神社」といいまして、すでにこちらの【不思議体験記19】の記事にも掲載しましたが、ファミレスで読んでいた霊体験のコミック本の内容に感化してしまい、低い波動に見舞われて気分を悪くしていた私の霊障を一瞬で祓ってくれた、あの神様がいる神社なのです。

本来なら、とっくにお参りをしてお礼を言うべきところですが、あれから一度もここへはお参りに行ったことはありません。神社の前の道は車で頻繁に通るのですが、いつもその時に心の中で挨拶をするだけ、しかやっていません。

読者の声「…え、なんでお参りしないの?」

自分でもわかりません  確かに、神社やお寺にも人それぞれの相性があり、あまりいい感じがしない、という直感が働く場合がありますが、ここの神社にはそういうものは感じません。なのになぜか、お参りをするという気持ちがわきおこらないのです。

この部分が、いつも不思議で仕方がないなぁと思っていたところです。

◎新年早々に突然その時は訪れた
ところがですね、昨日車で神社の前を通った時に、「…あ、今日お参りしたい!今日ならいい!」と、今まで思ったことがない気持ちが芽生えまして、散歩を早めに切り上げ、スーパーでお神酒を購入し、この神社へお参りをしました。

鳥居の前にいる狛犬の顔を見ると、「やっと来たか!」と言わんばかりに私の顔を見ていましたよ。ほんと、もうこれでもかというぐらいに、ね(笑)。

そして鳥居をくぐり、手水で清めてお神酒を捧げ、拝殿の前に立ってあの時に霊障を祓っていただいたことのお礼を述べました。あわせて近況もお話しました。

また、今年は自分でも飛躍の年と位置付け、新しい事が起きても挑戦できるよう、どうかご加護をいただきたいとも祈願いたしました。

たった一つ心が切り替わるだけで、こんなにも早く現実に事が起こる、ということを目の当たりにしました。もしかしたら、このことを熊野の神様は私に教えたかったのかもしれません。しかもずっと前から…。

後から振り返ると、私たちはいろいろな場面で学びを得ているんだと、気づかされます。大変ありがたいことを学びました。今年は今までよりももっと胸を張って、多くのものに挑戦していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました