大震災 − 8年という「過現未」をおもう

過去という言葉は、一体どこからどこまでを指すのでしょうか。

昨日のことなのか、先日のことなのか、何年・何百年前のことなのか。

同じく未来という言葉も、一体いつのことを指して言うのでしょうか…。

それぞれが生きるこの現世において、

過去も現在も未来も、実際に「過現未」という言葉があるほどに、

その瞬間をつかまえることなどできようもなく刻々と過ぎつつ、

また予想だにしない現実を目の当たりにし、

そして先の見えない未来を迎えいれて生きる日々…。

あれから8年 ー

福島の地で、

大震災を経験した一人として、

あの時の想いはこれからも一生涯、

私の心の中で在り続けることになるでしょう。

だれもが心の中で抱く幸福像とはうらはらに、

同じく心のどこかでも、

とても受け入れ難い、

よもやと思う悲愴たる現実があることを、

実は我々の心は知っているのです。

たとえそれを知っていたとしても、

「まさか自分には…」というよぎった思いを、

隅に置いているだけなのです。

あの日あの時に、

命を落とされた魂の同志たちを想うと、

私たち一人一人が今やるべきこと、

立ち向かうべきこと、

そして「生きる」というごく普通の毎日のことに、

何という深淵なる意味がこめられているのだろうか、と気づかされます。

「もっと生きることに勇気を持て。大丈夫、君ならできるから!」

天国にのぼった彼たちは、

今を生きる私たちに向かって、

きっとこのように励ましてくださっているのかもしれません。

尊い魂の同志たちへ ー

ここに黙とうを捧げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました