12年目の黙とう-FUKUSHIMAの今へ

あれから12年

もうそんなに時が経つのかと
ふいに思いが胸を駆ける

生活を一瞬にして奪われ
大切な命も奪われ
なすすべもない現実を目の当たりにして
多くの者たちが慟哭したあの大震災

日本史に残る巨大災害の深い爪痕は
これからも後世の者たちへ
大きな影響を与えることになるだろう

あれから12年

復興への希望を胸に
たくさんの手によって
命が与えられたことにより
汚名を着せられたFUKUSHIMAの名も
ようやく少しずつ清らいできた

ときおり
ふと思い出す大震災の痛み

その痛みは
忘れられない人生の教訓として
私の遺伝子の中へ
より一層深くしみこんでいく

今は亡き同魂たちへ

そして
家族の元へいまだに帰れぬ
迷える魂たちへ

ここに黙とうを捧ぐ

コメントはこちら