高波動を発するザギトワさん

「ザギトワ」さんと聞いて、すぐにピンとくる方が多いことでしょう。

冬の祭典として開催された2018年平昌オリンピック。

世界中が盛り上がりを見せた中でこのたび閉幕を迎えたわけですが、フィギアスケート女子に出場したロシアのアリーナ・ザギトワさん。若干15歳でありながら、見事に金メダルを獲得した選手です。

最近のニュースでは、ザギトワさんへ?秋田犬?(雌)が贈られることで話題となり、その犬の名前には「マサル」と名付けるということです。

雌の犬なのに、マサルという男の子のような名前にするのはなぜなのか?というその理由は、まあ単純に「マサル・勝る」ということで、勝負に勝つということからそのように名付けるそうですね。

そんなことをニュースでやっているのを、何気なくみていた時のことでした。

私自身でもいまだにその謎が解明できない、私の奥に眠る「ニオイの共感覚」が突然、自動的に発動したのです。

私「…⁉何だこの子は…いま、ものすごく※パワーの強いニオイが入ってきた」

※ここで言うパワーの強いニオイという中身を少しでもわかりやすく表現すると、特に
若くてエネルギッシュな人に多く見られる、相手にパワーを一閃的に送るかのような
(迷いが無くて自身にあふれていますが、しかしその若さゆえまだ恐れを知らない様子)
生命力にあふれたもの、という意味に近いことです

ええ、実はですね、私はそれほど平昌オリンピックをみてませんでした…

ザギトワさんを知ったのも3月に入ってからで、秋田犬保存会の方がザギトワさんに秋田犬を贈呈するということをテレビでやっているのをみて、初めて知りました(遅

テレビでザギトワさんを一目みた時に、とても高い波動で人々を元気にする子だな〜と思いました。まさかその子が金メダリストだったとは…

やはり、そういう高い素質を持っている人は、自ら発する波動もきっと高いものを持っているのでしょうね。これからもご活躍を期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました