最近読まれている記事のTOP5の発表です

いつも当ブログにご訪問いただきましてありがとうございます<(_”_)>

ブログ開設からまだ1年半ほどしか経っていない上に、週に1〜2記事程度しかアップしていないウィークブログではありますが、嬉しいことにいつも一定数のアクセスをいただいております。

そして、ブログランキングのバナーをポチっと押してくださる心優しい方々へ、この場を借りてお礼申し上げます。

これまでに当ブログで掲載した記事の数は120を超え、その中でも私が幼少期より体験してきた不思議な出来事を綴った「不思議体験記」を主力記事とし、その他には日常生活での出来事や湧水心語、Photo Galleryなど、それぞれ不定期に更新中でございます。

そんな中で、過去3カ月の期間ではありますが、「アクセス記事数TOP5」を発表したいと思います!

栄えある総アクセス数が1位となった記事は…

第1位【不思議体験記22】家族の不思議体験part1
おめでとう( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ‼

やはり不思議体験記系の記事が堂々の1位を獲得しましたね!家族の不思議体験の話は、part1〜part4の4話構成で掲載し、私の父と妹の体験談を紹介しております。

まあ、この手の記事が上位にくるだろうなぁということは、なんとなくですが予想はついてました。

でもちょっとまって皆さん。タイトルをよ〜く見て。これね、家族が体験した不思議な話であって、私自身の不思議な体験談じゃないからね。あれ、そういうことなのね。

しかもですよ、このpart1の内容は、家族の不思議な話を書くことになったこれまでの経緯を述べた記事であって、「次回のpart2から体験談が始まりますよー」という、ある意味で告知の回ですからね。

不思議な話は何も書いてませんからね(笑)。

告知の記事がアクセス数ナンバーワンってどうなっちゃったのこれ?

第2位 新元号に新年度、そして新時代へ
多くの国民が、かの有名なノストラダムスの大予言並みに新元号をあれかこれかと予想したであろう、そしてむなしくもはかない夢のごとく、その予想がことごとくはずれたであろう、新時代「令和」がいよいよ始まりました!

日本にとっては歴史的瞬間という一コマであり、世界中からも大きな注目を集めましたね。それに合わせて時代の流れに便乗するかのように書いた記事が功を奏し(ナイショ)、この記事も注目を集めて2位にランクインです!

第3位【不思議体験記22】家族の不思議体験part3
ここにきてpart3がランクインしました!

このpart3は、私の妹が夢で見た「予知夢」ともとれる内容が、勤務する職場でその通りの出来事が実際に起こったというお話です。しかもそれが、20回以上も予知夢と同じことが現実に起こったというものです。

まさか妹に、このような不思議な能力があったとは驚きです。

第4位 皆さんも、おそらく目にしているのではないかと。
今年に入ってからでしょうか、この記事を書く前にふと気づいたことなのですが、私の周りでやたらと「51」という数字が目につくな〜と感じていました。

そして、テレビや新聞などでもこの数字に絡む出来事や事件が非常に多く報道されているのを見て「これは何かあるかもしれないな」と感じ、この記事を書いてみました。

今後も、この「51」に関連する数字や出来事に注目していきたいと思います。

第5位【不思議体験記22】家族の不思議体験part2
ここでも家族の不思議体験がランクインです。

このpart2では、父の頭の中に突然浮かび上がったという「激しく揺れる家の映像」が、あたかも東日本大震災の大地震を予知したとも思える衝撃的な内容を掲載いたしました。

父に一体何が起こったのか…、この体験談を聞いた当時の私は全く理解できませんでした。いや、今であっても「そんなことが本当に起こるとは…」と、不思議満載の父の頭を見ながら心の中で驚いています(笑)。

…ところで、家族の不思議体験part1からpart3がランクインしたのはとても嬉しいことなのですが、シリーズ最後となるpart4は残念ながらランク内には見当たりませんでした 。

(゚Д゚≡゚Д゚)ドコ?

以上、TOP5の発表でした m(_ _)m

※番外編「意外に読まれているな〜」と思う記事
さて、総アクセス数の他に、日々の記事別アクセス数を眺めていましたら、「この記事、結構人気があるな〜」というものが目につきましたので下記にご紹介します。

番外編1【不思議体験記10】座敷わらし⁉金縛り状態で現れた子供の霊
 
番外編2  鳳凰雲のお出ましです
 
番外編3【不思議体験記20】今は亡き愛情深い親方さんpart4

などがありました。これからも、私の不思議体験も含めていろいろご紹介していきますので、お気軽にのぞいていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました