夢に出てきた「死者の書」 part

0

    私は数年前から、日記帳と呼べるほどのものではありませんが、何か気になったことを雑記ノートに書き連ねています。

     

    当ブログの はじめに でも書きましたように、私がこれまでに体験してきた不思議な出来事を書き綴った『不思議体験記』をまとめ上げた際にも、この雑記ノートを参考にして、その当時の出来事をなるべく詳しく思い起こしながら体験記を書き上げました。

     

    しかしその中で、記事を書く際になかなか構想が浮かんでこない出来事や、それとは逆に「これはおもしろそうな内容になるな」と、頭の中でイメージをしていたにもかかわらず、なぜかその後に完全に忘れ去ってしまい、ふとしたきっかけをもって突然に思い出したものなどがあります。

     

    先日も、今から5年以上前に書いた雑記ノートをパラパラめくっていると、そこには「昨日見た夢は、死者の書と題された本だった」ということが書かれていたんです。

     

    私「死者の書…?え、こんなこと書いたっけ…?」

     

    と、ノートに記入していたことを完全に忘れていたわけです(ええ、こんなことはいつものことです ちゅん)。

     

    死者の書とは、古代エジプトにまつわるものと、もう一つはチベットのものと二つが知られています。

     

    まず、エジプトの死者の書とは、死者を葬る時に、死後の平安や復活を願ってヒエログリフ(聖刻文字)で書かれ、単色または多色の色彩を施した挿絵を添えて死者とともに副葬された巻物(パピルス)のことを言います。

     

    エジプト文明が最も栄えたと言われる紀元前16世紀以降の新王国時代に経文に書かれたもので、エジプト人は死後に、死者を導くアヌビス神によって生前の行いについて数十か条にも及ぶ審問を受けねばならず、その後に初めて復活の神オシリスによって次なる命を約束され、来世の幸福を手に入れるとされています。

     

    一方、チベットの死者の書とは、8世紀の終わりごろにチベットに密教をもたらしたパドマサンバヴァという人物が著したもので、その経典を地中などに隠し、将来的にテルトン(埋蔵経典発掘者)によって適切に発掘されることで再び世に出るとされた埋蔵経法(テルマ=隠された宝)に属する、チベット仏教ニンマ派の経典のことを

    言います。

     

    「バルド(バルドゥ)」という、独特の死後の世界観(精神世界の観点において、中間世と呼ばれる一つの世界観。魂が人間として転生する際に人生計画をする場所とも言われている)が存在し、チベットの死生観においては次に生まれ変わるまでに最長で49日間あるとされています。

     

    そのため、死者の魂が誤って迷いの世界に生まれ変わらぬよう、そして解脱できるように死に臨む人の耳元で、49日間にわたって僧が経典を読むのです。

     

    同じ死者の書とはいえ、それぞれには時代背景にともなった深い意味が存在していることを改めて知ることができました。

     

    これでも説明文は要約していますが、結構長くなってしまいましたので、夢で見た死者の書の中身と、その後に判明したエジプトとチベットについての私自身の関係性について、次回の part△膿┐譴討澆燭い隼廚い泙后

     


    記事をお読みいただきありがとうございます

    世界各地で観測された皆既月食

    0

      1月31日は、もう皆さんもご存じ、長いネーミングで日本中をわかせた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」でしたね!

       

      特に説明はいたしませんが、さすが宇宙のなせる業、と言えますね。

       

      とりあえずは、手持ちのデジカメで撮影してみました。

       

      DSC00430.JPG

      皆既月食が始まる前の月です。夜景の月を三脚も使わず、デジカメのズームを

      目いっぱいにして撮ったところ、意外にもこんなにきれいに写りました。

       

       

      そして、注目の皆既月食がこちら↓

      DSC00432.JPG

      ブレっブレ(笑)。ちょっと何コレ、さっきと全然違う。躍るように揺れ動く月。

      デジカメが、少しでもピントを合わせようと努力する気配が全く感じられません 泣

      でもまあ、なんとかブラッドムーンは見えるかな、といったところです。

       

       

      DSC00436.JPG

      少しずつ、月がもとの姿を見せ始めました。宇宙の神秘よ、どうもありがとう!

       


      記事をお読みいただきありがとうございます

      久しぶりのエンジェルチューナー

      0

        そういえば、あれがあったんだ・・・と思い出したものに、数年前に買った「エンジェルチューナー」があります(最近全然使っていませんでした あ)。

         

        エンジェルチューナーとは何かをひも解いてみると、まず初めにドイツの物理学者ヴィンフリート・オットー・シューマンによって提唱された、地球の振動数7.83Hz(約8Hz)に基づくシューマン共鳴により、上方倍音列と言われる第9倍音によって4096Hz以上(2の9乗に8をかける)の高周波振動を発生させ、チャクラの活性化をはじめ心身の不要なエネルギーや空間の浄化などに使う、音叉ヒーリングアイテムです。

         

        音叉同士を互いに打ち鳴らすことにより、発生した基音となるトーンは共鳴しながら第2のトーンをつくりだし、またそこから第3のトーンをつくりだしていき、連鎖的に上昇していきます。

         

        こうした上昇していくトーンが、旧約聖書に登場するヤコブが夢で見た、天まで届くはしごを天使たちが上り下りをしていたと言われる爛筌灰屬里呂靴喚狹傾颪悗粒段瓩箸い辰燭發里卜磴┐蕕譴討い泙后

         

        さらには、昔から合唱などで、本来なら耳で聞こえるはずのない高音が、なぜかしばしば聞かれる現象が報告されており、それがまるで「天使の声」などと表現された経緯もあることから、こういったエンジェルたちを象徴するかのような美しい高音を響かせるチューナーというイメージへとつながり、その名がついたのかもしれません。

         

        それぞれの高周波が互いに共鳴しあい、見事な奏でを調べるエンジェルチューナーを久しぶりに鳴らしてみました。

        無題.jpg

        私が購入した3本セット。左から4096Hz、4160Hz、4225Hzのチューナー。

        これらを互いに軽く打ち合うと、高周波の共鳴音が響き渡ります。

         

         

        002.jpg

        この前購入したマカバオルゴナイトも、浄化の響きでさらにパワーアップしてくれればいいなと思います。

         


        記事をお読みいただきありがとうございます

        オルゴナイトが仲間入りしました

        0

          みなさん「オルゴナイト」をご存知ですか?

           

          先日、知人の方からオルゴナイトの本をお借りしまして、いま読み進めているところです。

           

          オルゴナイトとは、金属チップや水晶などのパワーストーンを組み合わせ、レジン(樹脂)を入れて固めたものを言います。

           

          オルゴナイトの構造体は、

          .┘優襯ーを吸収する有機物(樹脂)と、

          ▲┘優襯ーを反射する無機物(鉄など)、そしてそこに

          パワーを集積・増幅する水晶を加えて多層構造化されたものであり、手作りで製作が可能です。

           

          樹脂を入れて固めることにより、内部に閉じ込めた水晶に永続的に圧力が加わることになります。これによって圧電効果が生まれ、電圧が生じてエネルギーが一定の方向に働き始め、これがポジティブエネルギーとして反射し続けると言われています。

           

          その作用としては、電磁波などの有害なエネルギーを中和したり、睡眠の質を高めて熟睡しやすくなったり、オーラやチャクラを浄化・活性化するなどが挙げられます。

           

          ネガティブエネルギーを吸収してポジティブエネルギーに変換し、放出する作用もあるため、さながらエネルギーバランスの「変換調整器」とも言えるでしょう。

           

          このような凄いパワーを秘めたオルゴナイトですが、そのお借りした本の中には、人気のあるオルゴナイトの写真がいくつか掲載されていました。

           

          それを見ていたら、見た瞬間に気に入ってしまったと言いますか、一目ぼれしてしまったものがあったので即注文しました。

          そのオルゴナイトがこれです↓

          DSC00367.JPG

          マカバオルゴナイト・ゴールドです。ゴールドの輝きが一段と目を惹きます!

           

          マカバという名前は、古代エジプトに由来するもので、

          「マ」・・・光

          「カ」・・・スピリット

          「バ」・・・肉体

          をそれぞれ意味し、正三角形を組み合わせて六芒星(ヘキサグラム)を立体化したものであり、別名「マスターピラミッド」とも呼ばれています。

           

           

          DSC00372.JPG

          私が今まで持っていた水晶のネックレスやブレスレットたちも、新たな仲間が増えてそのパワーに共鳴しているかのようにも思えます。

           

          オルゴナイトの使用効果などについても、これからもこのブログで紹介していこうと思います。

           


          記事をお読みいただきありがとうございます

          初詣へ

          0

            1月6日、福島の白河市にある白河総鎮守「鹿嶋神社」へ初詣に行ってきました。

             

            ええ、そうなんです。私は毎年、混み具合をちょっとさけるために、このぐらいの日に参拝に行くんです(笑)。

             

            しかしそれでも、この日は午前中から多くの方が参拝に訪れており、駐車場もいっぱいいっぱいでした・・・。

             

            まずは拝殿でごあいさつをし、今年も無事に過ごせますようにということと、今年から新たなものにチャレンジしていく計画があるため、それについてもご加護をいただけますようにと御祈願いたしました。

             

            そして境内では、お焚きあげの残り火がくすぶっていました。

            この煙を浴びると、今年はカゼをひかないとも言われていますよね。

            DSC00355.JPG

            もちろん全身に浴びましたよ!10分ぐらいかけてね。

             

             

            さて次に、今年の運試しをするべく、おみくじのコーナーに行ってみると、

            2.jpg

            おわかりいただけるでしょうか。

            このおみくじ、お金を入れたら「さお」「鯛」を釣るんです!

             

            さおの先端に付いているフックを、鯛が入っている袋のリングに引っ掛けて釣り上げます。こんなおみくじは初めてですね。何コレ、ちょっと新感覚(笑)。

             

            でもこのリングがですね、釣り上げやすいような角度に向いておらず、さらに包装されている袋の上でフックがツルツルと滑ってしまい、なかなかリングに引っかからないんですよ。

             

            これ釣り上げるの難しいなぁ〜と思いながら、結構苦戦してやっていたんですが、ふと気がつくと↓

            無題.jpg

            手で…リングを動かし…そういうことなの⁉なるほどー。ナイスアドバイス!

            (最初から書いてあるのを見落としていただけですけどね)

             

             

            無題.jpg

            釣れました楽しい

             

             

            早速おみくじを見てみると・・・

            DSC00365.JPG

            第一番の大吉でした!まさにおめでたいですね。

             

             

            そして授与所でご朱印(手書きではなく半紙でしたが)をいただきました。

            3.jpg

            よく見ると、ここの鹿嶋神社は「日本三鹿島の一社」だったんですね。

            へぇ〜と感心しながらの初詣となりました。

             


            記事をお読みいただきありがとうございます

            新たな年を迎えて

            0

              新年明けましておめでとうございます。

               

              先月から書き始めたばかりのこのブログですが、

               

              当初から意外にもアクセスが毎日あることに少々驚いています(笑)

               

              今後も私の不思議な体験談をはじめ、

               

              心の中から湧き起った言葉を紹介する湧水心語や

               

              Photo Galleryでの写真掲載など、

               

              私流のWonderな世界観をお届けするだけでなく、

               

              その他にも日常の様々な出来事も綴っていきたいと思います。

               

              今年もどうぞよろしくお願いいたします!

               


              記事をお読みいただきありがとうございます

                               

              ◎私のプロフィールです

                              

              ◎カテゴリー

                      

              ◎エントリー記事です

                     

              ◎これまでの記事はこちら

                      

              ◎ツイッターはこちら

              ☆画像付き掲載記事はこちら☆

              ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

                    
                               

              ◎最近のコメント

              • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
                クニ
              • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
              • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
                クニ
              • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
              • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
              • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
                クニ
              • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
              • イケメン風のオオカミのような雲を見つけまして。
                クニ
              • イケメン風のオオカミのような雲を見つけまして。
              • 誇れる姿があればこそ
                クニ

              ◎サイト内を検索できます