【不思議体験記2】体外離脱をする part

0

    《part,呂海舛蕁

     

    飯田史彦先生との共通点から気づいた魂の存在

    この時の出来事は今でもよく覚えており、ときおり思い出しては不思議な体験だったなと振り返ることがある。

     

    なぜこのような不可解な出来事が起こったのか、理由もわからず解明もできず、ましてやだれにも相談できぬまま、長らく自分の心の中に留めてきた。

     

    しかし、この疑問がやっと解決できる時がきたのである。

     

    それは、元福島大学教授の飯田史彦先生が書いた『ツインソウル』の本がきっかけだった。

     

    飯田先生は脳内出血で倒れ、そして魂が肉体から抜け出て、そのまま光の次元に到達してまぶしく輝く光たちに出会い、その光たちから宇宙の真理を教わった方である。

     

    私は光の次元まで行くことは無かったが、先生の臨死体験の一部分が、私が体外離脱をした時の様子と全く同じであることにとても驚いてしまった。

     

    下記に、先生が体験した一部分を抜粋する。

     

    「(肉体から魂が抜け出た直後)その時の私は、まだ、物質世界ならではの

    「時間」と「空間」の感覚で、自分という存在をとらえていました。

    そこで私は、まず、いちばん近くにいるであろう、妻子のところに

    「行って」みようと思ったのです。

     

    すると、その瞬間に、私は、自宅の一階リビングに存在していました。

    それは、「行く」とか「移動する」といった、「時間」と「空間」

    (あるいは「距離」)の感覚を伴ったものではなく、いわゆる「瞬間移動」

    いった感覚とも違っていました。

     

    いわゆる「瞬間移動」というのは、「前の瞬間にはA地点におり、

    その次の瞬間にはB地点にいる」という現象を意味しており、

    やはり「時間」と「空間」(距離)の感覚を残した表現になります。

     

    しかし、私が経験した現象には、「瞬間」や「移動」という感覚さえも、

    まったく無かったのです」

     

    (引用 飯田史彦著『ツインソウル 死にゆく私が体験した奇跡』 PHP出版)

     

    この文章から気づいたことがある。

     

    私が体外離脱をしたあの時に、このままこうしていたら何か大変なことになってしまうと思い始め、「早く元の状態に戻った方がいい」と考えた瞬間に肉体に戻っていたわけだが、厳密にいえば「瞬間」という言葉には、物質的な時間の概念が含まれており、現在から未来へ移行する際に、極めて短い時間間隔の中で起きる連続的事象のことを指す表現である。

     

    しかしながら、これはあくまでも物質世界特有の「直進的に進む時間軸」でのみ発生する事象であり、肉体から抜け出た魂の状態においては、この物質世界特有の時間的及び空間的事象からは完全に解き放たれる存在になるわけである。

     

    私が体外離脱をした時の様子を説明するのに、どうしても「瞬間」という表現を使わざるをえないのだが、改めてこの時の様子をよくよく思い返してみると、空中に浮いていたあの状態から、距離にしてわずか下方2m弱程度の近距離で寝ていた自分の体に牋榮悪したという感覚が全く無かったばかりか、自分の体に戻って行くという、犢圓の行為や感覚、感触さえも、何一つ感じることは無かったのである。

     

    この部分が、飯田先生が経験されたこととピタリと一致したのである。

     

    そしてこの時の私は、三次元物質世界特有の現象である「時間」や「空間」といった概念から、完全に解き放たれていた状態であったと言えるだろう。

     

    さらに、家庭用照明の常夜灯しか点いていない薄暗い部屋なのに、最初に目を開けると(魂の状態では目はないので、目を開けて見るという感覚)、そこには木目調がはっきりと見え、それが天井の木目だと瞬時にわかり、視線を下におろすと(これも人間の感覚で表すと、自分の位置から下方に目を向けるという感覚)、自分が布団に寝ているということがはっきりと「判断」できたのである。

     

    部屋が薄暗くてよく認識できなかったというような、あいまいな部分は何一つなかったと言っても過言ではないくらい、全てのことが直感的に、かつ瞬時にわかったのである。

     

    まさにこれが「自分がそう意識する」だけでそれが現実になるという、そして「あらゆる存在とつながっている」という魂の存在証明であるという考えに至ることができたのである。

     

    それともう一つ。これはふと感じたことだが、私が体外離脱をした直後に、「自分の周りが静寂に包まれているのに気づき・・・」と書いたが、この静寂さというのは、単純に「周囲に雑音が無く静かな環境」という、聴覚で聞こえるか・聞こえないかを判断するようなものではなく、音源という物質的要素を必要としない、「どこまでも限りなく続く無空間」にでも放り出されたような感覚があったことを覚えている。

     

    これが、いわば「宇宙意識」ともいえる、物質世界の領域を超越した、まさに宇宙そのものの存在と同化したためにこのような意識感覚に到達したのではないだろうか、とさえ思えてならないのである。

     

    自分が宇宙意識になるということは、まさに「宇宙と同化する」の意であり、宇宙空間にぽっかりと浮かぶ地球そのものを、まるで自分が丸々包み込めるような存在にでもなったのではないだろうか。

     

    そのため、あらゆるものが自分の「内」に存在することになり、もはやそこまで移動することも、そこに時間を費やすことも必要性が無くなり、「そこに意識を向ける」だけで、「あらゆる存在とつながる」ことができたのではないか、という考えに至っている。

     


    記事をお読みいただきありがとうございます

    【不思議体験記2】体外離脱をする part

    0

      小学校低学年の時に、俗にいう「体外離脱現象」を経験したことがある。

       

      その時は風邪をひいて寝込んでおり、熱が39度ほどはあったと思われる。部屋の明かりは、家庭用照明の常夜灯(小さな電球)だけが点いており、薄暗い状態だった。

       

      かなりの高熱のせいか、目をつぶると頭の中で、不規則な配列を組んだ数字(一桁のものもあれば二桁、三桁など)がめまぐるしく回っており、数えようにも数えきれないほどの多くの数字で頭の中が埋め尽くされていた。

       

      この数字を1から順番に整理しようとイメージしたが、どうにも手が付けられず、ひどく苦痛を感じ始めたので、私は心の中で「もういやだ!」と、大きく叫んだ。

       

      すると次の瞬間、あれほど頭の中にたくさんあった数字が全て消えてしまい、さっきまでの苦痛も、そして体の熱っぽさも、全く感じなくなっていたのである。

       

      そして、自分の周りが静寂に包まれているのに気づき、ゆっくりと目を開けてみると、初めに見えたのは木目調の木の板だった。

       

      私「あれ、こんなところに木目調のものがあったかな?」

       

      と思ったとたん、今見ているものは部屋の天井であり、その天井に使用されていた木の木目であることがわかった。私の頭のすぐそばには天井があったため、もう少しで頭がぶつかりそうだ、とこの時に感じていたことを今でも覚えている。

       

      そして、そのまま目線を下に向けた時、さらなる驚きが待ち受けていた。

       

      私「・・・自分が寝ている!!」

       

      自分は今、なぜこうして空中に浮いているのだろうか。なぜ自分の真下にも、もう一人の自分がいるのだろうか・・・。

       

      そして、空中に浮いている自分の体から、下に寝ているもう一人の自分に向かって、なにやら白っぽい、半透明のヒモ?のようなものがうっすらと伸びて繋がっているようにも見えた。

      (このヒモのようなものが一体何かは、この時にはあまり気にしなかったのだが、おそらくこれは霊子線(シルバーコード)と言われるものだろうと思われる)

       

      この状態のまま少し様子を見ていたが(この出来事に対して唖然として、何をしていいかわからなかったという感じ)、小学校低学年の私にとってはこのような奇妙な感覚は到底理解できず、「このままこうしていたら、何か大変なことになってしまう」と思い始め、「早く元の状態に戻った方がいい」という考えになった。

       

      そしてそう思った次の瞬間、空中に浮いていたという感覚から一転して、急に体に重苦しさや暑苦しさを感じるようになった。

       

      ひどく苦痛を感じていたさっきまでのあの感覚が、再びよみがえってきたのである。

       

      《Part△紡海》

       


      記事をお読みいただきありがとうございます

      【不思議体験記1】5歳で霊の存在を知る

      0

        私が5歳の時に祖父が亡くなったが、その数日後のことだった。

         

        夜寝ていた時にふと目覚めると、廊下の奥から何やらうめき声が聞こえてきた。

        「なんだろう?」と思い耳をすませると、その声はなんと死んだはずのおじいちゃんの声であることがわかった。低いうめき声をあげながら、ゆっくりと廊下を歩いているようだった。

         

        私「え⁉なんでおじいちゃんが・・・」

         

        私の家は、南側の玄関から北側にあるトイレまで廊下がまっすぐにのびており、どうやらおじいちゃんは北側のトイレの方向から玄関に向かって歩いてきているようだった。

         

        南側の玄関の、しかも廊下側に一番近い場所で寝ていた私は、おじいちゃんの声がよく聞こえたのだ。

         

        この時は、両親と共に同じ部屋で一緒に寝ていたが、親はこのことに全く気付いておらず、スヤスヤと眠っていた。

         

        普通は廊下を歩けば、歩調に合わせて歩行音や床がきしむ音が聞こえてくるが、この時はこういった音は聞こえず、うめき声だけがだんだんと大きく、そしてゆっくりと近づいてきたのだった。

         

        布団に入っていたので実際にその姿を見たわけではなかったが、廊下を歩きわたって玄関まで来た時に、その声は静かに消え去った。

         

        私「・・・あぁ、おじいちゃん、行っちゃったんだ・・・」

         

        それはおじいちゃんの、私たち家族との最後のお別れの瞬間だったのだろうと、今でもそう思っている。

         

        霊という存在を始めて知ったのがこの時だった。

         


        記事をお読みいただきありがとうございます

                         

        ◎私のプロフィールです

                        

        ◎カテゴリー

                

        ◎エントリー記事です

               

        ◎これまでの記事はこちら

                

        ☆画像付き掲載記事はこちら☆

        ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

              
                         

        ◎最近のコメント

        • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
          クニ
        • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
        • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
          クニ
        • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
        • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
        • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
          クニ
        • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
        • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
        • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
          クニ
        • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし

        ◎サイト内を検索できます