「どちらでもいい」と「どちらでもない」という価値

0

    日常の出来事の中では

     

    両方の選択肢のどちらを選んでもよい、という

     

    境遇を学ぶ機会が多く訪れるが

     

    しかし一方では

     

    永き廻りのその中で

     

    内なる自分にさらに磨きをかけるために

     

    「はい」とうなずくわけでもなく

     

    「いいえ」と首を振るでもない

     

    「どちらでもない」という境遇に立つこと

     

    そして立たされることを

     

    深く学び識るときが訪れるという

     

    DSCF0261.JPG

     


    記事をお読みいただきありがとうございます
    ≪関連する記事≫こちらもあわせてお読みください
    コメント
    コメントする








       

                     

    ◎私のプロフィールです

                    

    ◎カテゴリー

            

    ◎エントリー記事です

           

    ◎これまでの記事はこちら

            

    ☆画像付き掲載記事はこちら☆

    ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

          
                     

    ◎最近のコメント

    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
      クニ
    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
      クニ
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし

    ◎サイト内を検索できます