今やらずともそれは後に廻ってくるだろう

0

    それをやるべきことが

     

    自分自身の宿命であるならば

     

    たとえいまそれを拒もうとも

              

    魂の永き廻りのいずれかの命刻においては

     

    それをやるべきそのときが

     

    必ずや訪れることだろう

     

    DSC06568.JPG

     

     


    記事をお読みいただきありがとうございます
    コメント
    コメントする








       

                     

    ◎私のプロフィールです

                    

    ◎カテゴリー

            

    ◎エントリー記事です

           

    ◎これまでの記事はこちら

            

    ◎ツイッターはこちら

    ☆画像付き掲載記事はこちら☆

    ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

          
                     

    ◎サイト内を検索できます