【不思議体験記19】夢に現れた黒猫が、まさかの…

0

    これは今から5年前の11月、もうすぐ師走が迫ってくる時期の出来事である。

     

    本屋で立ち読みをすることが私の趣味の1つであるが(笑)、この日にふと目に入ったのが、自称霊感漫画家のIさんが描いた本だった。

     

    Iさんは子供のころから霊的体質で、これまでにも多くの霊を見てきた実体験を、自分に見立てた可愛らしい女の子として漫画に登場させて、その時の霊の実際のやりとりを描いたものである。ある意味では「こわい、けどおもしろい」的なコミックでもある。私は立ち読みで1巻全部を読破してしまい、それでは飽き足らずにその続編をネットで注文したほど、その世界観に魅了されてしまった。

     

    ネットで注文した本が届いたので、軽くドライブがてらに、これを持ってファミレスでコーヒーを飲みながら読んでいた時のことだった。


    読み始めてからどのぐらいの時間が経ったのかも忘れてしまうほど集中していたが、気がつくとあまりのリアルな内容に、悪い意味で心が感化されてしまい、私の脳が(魂が?)拒否反応を起こしてしまった。気分が悪く、頭がボーっとする。しばらくすると、かなりの眠気も襲ってきたため、会計を済ませて店を出て、車の中で軽く目を閉じるといつの間にか眠ってしまったのだ。眠ったとはいえ、その時間は5分程度だったのだが、そのわずかな時間に夢を見た。


    その夢というのが、自分の部屋のテレビの前に黒猫が1匹いるという、静止画像を見ているような一瞬のものであり、あまりいい印象を受けなかった。目覚めた後も頭はボーっとしていたが、なんとか運転はできるだろうと思い、すぐに帰路についた。


    運転中も少し熱っぽさがあり、さらに後方の車がなぜかスピードをあげて私の車に迫ってくるかのような危機感も感じたため、これはちょっとマズイなと思い、国道よりも交通量が少ない旧道へと逸れてゆっくり運転した。

     

    この旧道は、結局は先ほどの国道と合流するのだが、合流する少し手前には神社がある。まだ体は霊波動の感化状態にあり、ひどい体調不良が続いていたが、そのままこの神社の前を通過した時の出来事だった。

     

    私「……‼あれ、治った。体が何ともない。なんで?なんで⁉」

     

    一体何が起きたのだろうか。あれだけボーッとしていた頭が急にスッキリし、体も明らかに軽くなったではないか!

     

    驚きながらも国道に合流し、そのまま難なく家に到着した。車を降りて部屋に向かったが、そこで思い出したのは、さっき見た夢の内容である。夢では、私の部屋にあるテレビの前に黒猫が1匹いたのだが、まさか本当に黒猫がいたら怖いなと正直思いながらも部屋の前まで来た。

     

    私の家では猫は飼っておらず、当然ながら黒猫などいようはずもない。とはいえ、これまでにまさかと思えるような出来事を幼少期から幾度も経験していると、そのまさかが本当にあるかもしれない…という一抹の不安がよぎるということは、これは一種の職業病(いや、霊体験病か?)とでも言うのだろうか(笑)。

     

    自分の部屋なのに、おそるおそる入ることになろうとは思いもよらなかったが、意を決して部屋に入ってみると……

     

    もちろん黒猫はいなかった。そうだよな、いるはずがないよなと当たり前のようではあるが、本当にそんな現実が起きなかったことに対して安心できた。

     

    ●つかの間の安心…実際に部屋にいたのはなんと

    ところが、である。私の現実は、そんな簡単な事では終わらなかったのである。

     

    ホッと思いながらも荷物を置いた時のことだった。一体どこから出てきたのだろうか、11月ももうすぐ終わりだというこの季節になんと床には1匹のゴキブリがいるではないか!

     

    私「うわ、ゴキブリ⁉なんでこんなところに?」

     

    よく見るとそのゴキブリは、機敏な動きが全くなく、寒さのせいなのかヨロヨロと足取りも重く、右に行ったり左に行ったりと方向感覚もままならない様子だった。まあ、その後はティッシュにくるまれてゴミ箱行きとなった。

     

    夢に出てきた黒猫が、まさかのゴキブリとなって現れるとは思ってもみないことであった。

     

    ●旧道沿いにある神社の神様が霊障を祓ってくれたのだろうか

    またこれはふと感じたことだが、旧道沿いにある神社の前を通過した時になぜか頭と体が急に軽くなったが、ここを通過したことによって何かの悪い作用があそこで落とされ、結果的には黒猫よりも小さなゴキブリ程度の軽い作用?で済んだのではないか、とも思えた。

     

    ここ最近は、ゴキブリどころか虫1匹の気配もなかった部屋なのに、しかもなぜあの日あの時のタイミングで計ったように出てきたのか、全くもって謎である。

     

    なお後日、この神社の前を車で再度通過してみた。ここの神社、というよりも、この旧道はもう何十年も前から頻繁に通る道なのだが、これまでに一度もこの神社にお参りに行ったことはなく、ましてや名前すらも知らなかったほどである。神社の名前を見てみると、「熊野神社」とあった。

     

    私「え⁉、熊野神社⁉、ここでも熊野が関係しているのか…」

     

    以前に掲載した記事に、私の名前のアナグラムにも「熊野」に関する語句が成り立っていたことを書いたが(その記事はこちら)、やはり熊野様は私にとって何かゆかりがあるのかもしれない。

     

     

    【補足】

    いや〜、あの時はほんとに危険な状態だったなと、改めてそう思います。

     

    この本は、著者であるIさんの「霊現象の実体験」という、霊体験の経験を持つ私と類似する部分があり、それをマンガとして描いた内容と世界観に共感しながら面白く読み進めていましたが、ふと気がついた瞬間(現実世界に意識を戻した時)に、なぜか自分の心だけが、本の中に取り残されてしまったかのような錯覚を覚えました。

     

    なんと言いますか、肉体はファミレスでコーヒーを飲んでいる自分がいるのですが、心だけが「おいてきぼり」を食らったかのようで、自分の中に戻らずに「本」の中身にとらわれてしまっていたのです。

     

    そして気分が悪くなり、その後に突然の眠気…。これは私の経験上、注意しなければならない状況、などということをはるかに超えて、危険な状況であると言わざるを得ません。

     

    低波動の「霊」といわれる存在に(例え本の内容であろうとも)感化してしまうと、肉体的に嫌悪感が生じますが、さらにそこで「低波動の霊障による眠気」が襲ってくると、これはかなり危険です。正常な顕在意識が保てないほど、霊に感化してしまっている証拠であり、顕在意識が薄れることによって霊が自分に憑依する場合があるからです。

     

    突然の眠気によって、わずか5分程度ではありましたが眠りに落ちたところ、自分の部屋に黒猫が1匹出てきた夢を見ました。

     

    ただでさえ気分が悪いのに、黒猫が出てくる静止画のような夢などは、さらに気がめいってしまうようなものですが、とにかく早く家に帰ろうと思って車を走らせました。が、はっきり言ってこの行為も危険をともないます。

     

    幸いにも、事故を起こすことはありませんでしたが、目覚めた直後で頭がボーっとしており、なおかつまだ低波動の霊に感化している状態で車を運転するなどという行為は、冷静な判断力に欠けていたと言わざるをえません。

     

    いつ事故が起きてもおかしくはない状況でしたが、しかしそんな私を救ってくださる存在がいたのです。それが熊野の神様だったのです。

     

    あれは本当に一瞬の出来事だったのですが、神社の前を車で通過した瞬間、体の嫌悪感や頭のボーっとした感じが一切無くなりましたからね。「…いま、何が起きたの?」と、正直驚いたぐらいでした。

     

    この熊野神社は道路沿いにあり、道路からほんの少し離れたところに狛犬が2体います。この2体の狛犬は、前方を通過する車を一台一台見ている、と言ってもいいような絶妙な位置に配置されています。

     

    もしかしたら、神の波動域が道路の走行車線にまで広がっており、そのためそこを走っただけで神社の高波動に無意識に触れたことにより、低波動の霊障が祓い落とされたのではないかと、自分なりに解釈しております。

     

    今でも、この熊野神社の前を車で通過するたびに、最初に目に入る狛犬に「こんにちは!」と、心の中でいつも挨拶をしています。たまに声に出しても挨拶をしています(え、挨拶?ほんとに?と思われたかもしれませんが、本当です(笑))。

     

    熊野様、あの時は本当にありがとうございました。そしてこれからも、この道路をいつも通らせていただきたいと思います うふ

     


    記事をお読みいただきありがとうございます
    コメント
    コメントする








       

                     

    ◎私のプロフィールです

                    

    ◎カテゴリー

            

    ◎エントリー記事です

           

    ◎これまでの記事はこちら

            

    ☆画像付き掲載記事はこちら☆

    ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

          
                     

    ◎最近のコメント

    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
      クニ
    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
      クニ
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし

    ◎サイト内を検索できます