【印象的な夢4】巨大な「にしき鯉」 現る

0

    大森さんのブログ「大森和代のWATARASEまっせ‼」には、全国各地で開催された講演会の内容をはじめ、ファンへのメッセージやブログに投稿されたコメントに対してのアドバイスなどが掲載されている。

     

    その他にも、いろいろな場所で撮影した写真が数多くアップされており、部屋に突然現れた虹や不思議な形の月、キッチンに現れた謎の光、何かを意味するかのように海に沈む変わった形の夕日など、その写真には驚きの連続である。

     

    その中でも神秘的だと思ったものは、ずばり「イエスキリスト」が写っているという写真である。

     

    大森さんによると、滝を眺めながら森林浴をしつつ、露天風呂に1人で入っていると、目の前の滝が紫色に変化したので、もしかしたら神様のような存在が現れるのではないか…と予感をしていたら、それがイエスキリストであり、慌てて脱衣所まで携帯を取りに行って撮影をしたそうだ。その時に「早く撮りなさい」という声も聞こえたという。

     

    正直、信じがたい話ではあるが、その撮影した写真を見てみると、滝から水が流れ落ちる部分が確かに紫色(紫色は高貴な存在の象徴とも言われている)になっており、その中にはロングヘアーをした人物像のようなものが見え、その面影からは文献などによく描かれているイエスキリストの姿にも似ている様子をうかがうことができる。

     

    さらには、そのキリスト像が写っている周囲の木々や岩場にも目を配ると、その一部が顔の形のようなものが写っている箇所も見受けられる。写真に顔が写っているとなると、よもや心霊写真ではないかというイメージがあるが、しかしこの画像はそういう怖い印象ではなく、よく仏像彫刻や神仏を描いた掛け軸などで見られる、不動明王などの仏法守護神などとして描かれている顔にとてもよく似ていることにもまた驚くものがある。

     

    ◎「♪屋根よ〜り〜た〜か〜い〜こいの〜ぼ〜り〜」をはるかに越える

    このような印象深い画像を見たことが影響したのだろうか、その日の夜、これまた印象に残るような迫力ある夢を見たのだった。

     

    それは、今まで想像もしたことが無いほどの、とてつもなく巨大な爐砲靴鯉が現れた夢だった。

     

    その大きさはどのぐらいだったかというと、おおよその感覚として東京ドームまでの大きさはなかったと思うが、だいたいその約半分ぐらいはあるだろうというほどのもので、堂々とたくましい姿で悠々と元気に大空を泳いでおり、私の斜め上空まで来ると大きな身をぐるっと丸めて、こちらを静かに見つめていた。

     

    夢の中の登場人物は、私とその家族、あとは見知らぬだれかが数人いたが、その巨大なにしき鯉を見てみんな非常に驚いている。私は手にカメラを持っていたが、なぜか「このにしき鯉を写真に撮るのは難しいことだ」ということが頭の中に浮かんでいた。

     

    しかし、思い切って撮影してみようと意を決し、カメラを向けてシャッターを切ったところ、そのにしき鯉を写真に収めることに成功してとても喜んでいた、という内容だった。

     

    にしき鯉の夢はどういった意味があるのかを夢辞典で調べてみると、幸運の象徴や立身出世、女性が見れば妊娠の可能性ありなど、全体的に吉兆を表すそうである。

     

    大森さんが撮影したキリストの画像を見たことが吉兆の夢につながったのだろうか。もしかしたら、偉大なる神の力が私にも恵みを与えて下さったのかもしれない。

     

     

    【補足】

    それはそれは、巨大すぎるほどのにしき鯉が夢に現れました。

     

    大空を悠々と、そしてたくましい姿で泳いでいたにしき鯉は、私たちが見ていることに気がついたのか、泳ぎをやめて尾を体の方に曲げるような形をとり、静かにこちらを見ていました。

     

    私は、驚きのあまり声も出ませんでしたが、にしき鯉は精悍なまなざし(結構イケメンでした(笑))でこちらを見ており、心で何かを伝えられたような感じも伝わってきました。

     

    夢の中で、「このにしき鯉を写真に収めることが難しい」と、なぜそんなふうに思ったのかはわかりませんが、実は少し不安がよぎりました。それは、撮影した直後に、このにしき鯉が消えて無くなってしまうのではないか、ということが頭に浮かんだからです。こんな大きなにしき鯉が、消えて無くなってしまうことなどは普通は考えられませんが、こういう心に潜む心理的な不安というものが、日常の中においても私がどこかで不安材料を抱えている心理状況を表しているのかもしれません。

     

    人生の中で、困難な壁に立ち向かうべき出来事に対して、実はどこかで不安を抱え、消極的になってしまう…。はい、正直これは、心当たりがあります。ときおり、そのようなことがあります。にしき鯉は、そんな私の見え隠れする不安な心を、しっかりと見抜いていたのかもしれません。

     

    そういう意味では、この夢が犁斑のサインをも表しているならば、これから先の人生の中で自分にとって大きな得(あるいは徳)となるものを手にする機会がせっかく巡ってきているというのに、「お前は不安な気持ちに負けて、挑戦せずにやめるのか?」と、にしき鯉に言われているかのように解釈できるのかもしれません。

     

    それでも私は不安がありましたが、意を決して手にしていたカメラで思い切って撮影をしてみると、見事にカメラに収めることができて大喜びをしていました。「やればできるんだ!」と、そんな思いがこみ上げてきたのです。

     

    「もっとチャレンジ精神を強く持ちなさい。必ず実現できるから」

     

    そんな、勇気がわき起こる心強いメッセージを、にしき鯉から伝えられたような夢でした どこも

     


    記事をお読みいただきありがとうございます
    コメント
    コメントする








       

                     

    ◎私のプロフィールです

                    

    ◎カテゴリー

            

    ◎エントリー記事です

           

    ◎これまでの記事はこちら

            

    ☆画像付き掲載記事はこちら☆

    ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

          
                     

    ◎最近のコメント

    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
      クニ
    • 【印象的な夢3】巨大な西郷隆盛のお墓
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
      クニ
    • 【不思議体験記11】星空の中の飛行物体
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし
      クニ
    • 〜 短編ストーリー 〜 古老の小ばなし

    ◎サイト内を検索できます