棚倉城跡(亀ヶ城公園)

0

    福島県棚倉町にある棚倉城跡(亀ヶ城公園)。

     

    駐車場も広く、周辺の道路は舗装されていて公園整備等が整っており、歴史景観の保全に力をいれているといった感じを受けます。

     

    以前から棚倉町にお城があったということは知っていましたが、その名前が「亀ヶ城」ということは知らなかったため、HPを見てみると詳しく掲載されておりました。

     

    元和元年(1622年)、常陸国古渡より棚倉に移封された丹羽長重は、

    幕府より築城の命を受け寛永元年(1624年)、近津明神(都々古別

    神社)を馬場の地に遷宮し、翌2年、その跡地に棚倉城の築城に着手

    しました。
    慶応4年(1868年)、戊辰戦争で落城するまでの240余年、8家16代

    の城主交代があり、お堀に住む大亀が水面に浮かぶと決まってお殿様

    が転封されたということから、別名「亀ケ城」ともいわれています。
    土塁の上には南北朝時代の板碑や棚倉城規模碑、畑俊六(はたしゅん

    ろく)元帥終焉の碑などがあります。また、西側外堀跡には約160m

    にわたり石垣が残っています。

    (出典:棚倉町役場HP(棚倉町観光協会)観光スポットより)

     

    へぇ〜、お堀に住む亀さんが水面に浮かぶと、城主が転封(てんぽう・配置換えや国替えをすること)したとは驚きですね。

     

    さながら、亀甲占いとまではいかないにしろ、亀が城主の未来を示唆していたとは不思議なことですね。古来より、先人たちが亀を占いに使っていた史実が残されていますが、やはり亀って何らかの力を秘めている生物なのかもしれません。

     

    02 (2).jpg

    入口にある亀ヶ城跡の碑です。

     

     

    02 (1).jpg

    広いお堀には噴水があります。

     

     

    04.jpg

    たくさんの鯉たちが!人が近づくとこっちに寄ってきます。

     

     

    05.jpg

    白河にある小峰城の城主だった丹羽長重は、この棚倉城からきたんですね。これもしかしたら、城主が他の城に移った背景には、上記の「お堀の亀」さんによる人事異動があったのかもしれません。

     

     

    06.jpg

    城下絵図もあります。棚倉藩の「十六ささげ隊」という精鋭部隊が活躍し、新政府軍も恐れをなしたそうですね。

     

     

    07.jpg

    公園の入口の所には、ものすごく大きなケヤキがあります。

     

     

    08.jpg

    そのケヤキがこちら!

     

     

    09.jpg

    何と言ってもコブが凄いんですよ びっくり ボコボコなんです!樹齢も600年ということで、これがもしも神社にあればご神木レベルだろうと思えるぐらいです。

     

     

    010.jpg

    さて、奥に進みますと「櫓門跡」と書かれた杭がありました。

     

     

    011.jpg

    おぉ〜、この場所にお城があったんですね〜。

     

     

    012.jpg

    現在は、植木やベンチが整備されています。ここに座って、かつての城の面影を心の中で味わってみるのもいいかもしれませんね。

     

     

    013.jpg

    空を見上げると彩雲が出ていました🌈。かつての城主たちも、ここから見える空を私と同じく見上げていたのかもしれません。

     

    今では、穏やかで優しい風が吹き、戦火に見舞われた当時の凄惨な情景は感じませんでした。

     

    歴史ある風情が、いつまでも大切に残されることを願いたいです うふ

     


    記事をお読みいただきありがとうございます

    高屋敷稲荷神社

    0

      福島県郡山市にある「高屋敷稲荷神社」に参拝に行ってきました。

       

      この稲荷神社は、以前から県内でも有名でして、当然私もその名を聞き及んでいましたが、参拝に行ってみよう!という気持ちがあまり出なかったんですよね。

       

      ところが昨年、某神仏研究家の方がここを訪れ、本に掲載したことでさらに全国区となり、「ならば行ってみるか!」と足を運んでみたらなかなかいいところだったのでもう一度行くか!ということで、今回2回目の参拝となります ちゅん

       

      とても澄んだオーラに包まれているといった感じの神社でして、参拝者一人一人の願い事をお稲荷様がどっしりと落ち着いて聞いてくださっている、という印象でした。

       

      DSC01855.JPG

      イラストのお稲荷さんのように、参拝者をニッコリと出迎えてくれているような優しい雰囲気もあります。

       

       

      DSC01854.JPG

      御鎮座300年。歴史を感じさせますね。これまでにも、たくさんの人々から敬われ、そして親しまれてきたことでしょう。

       

       

      DSC01894.JPG

      このように鳥居が何十本も連なっています。ここをくぐるのが気持ちいいです!

       

       

      DSC01857.JPG

      上から見たところです。周囲は田んぼですが、その中にこのような朱色の鳥居が立ち並んでいる風景には荘厳さを感じます。

       

       

      DSC01858.JPG

      拝殿です。

       

       

      DSC01861.JPG

      正面から。賽銭箱の横におみくじがあります。

       

       

      DSC01891.JPG

      龍の彫り物に力強さを感じますね。

       

       

      DSC01667-1.jpg

      由緒書きです。伏見稲荷大社からの御分霊が祀られています。

       

       

      DSC01876.JPG

      お正月の縁起物が数多く並べられていました。

       

       

      DSC01870.JPG

      境内には池があります。鯉がいるとのことでしたが、私が見た時には見当たらなかったです…。

       

       

      DSC01872.JPG

      こちらが白狐社です。中でロウソク(1本50円)をたてて祈願できます。

      そのロウソクの横に、斎砂(いみずな)がBOXに置かれています。1袋300円です。これは、家の周りなどのお祓いやお清めなどに使います。

       

       

      DSC01862.JPG

      「御神石」なるものが拝殿の裏手にあります。ちょっと行ってみましょう。

       

       

      DSC01863.JPG

      この奥に御神石が祀られてあります。

       

       

      DSC01866-1.jpg

      なんと直接触れることができ、霊力を授かることができます!

       

       

      DSC01865.JPG

      これが霊験あらたかな御神石…ゴクリ。けっこう大きいです。

      そりゃもう、ここぞとばかりに触りましたよ。そして開運を念じましたよ 手

       

       

      DSC01889.JPG

      その御神石の横にはニワトリ小屋があり、中に烏骨鶏がいます。いわゆる「神使」であるトリたちですね。5羽ほどいたでしょうか、とても元気に歩き回っていました。時折、社務所がある表側の方へもトコトコと歩いてきます。

       

       

      DSC01888.JPG

      ん…?右側にあるのは、もしかしてタマゴかな⁉

      一緒に境内を散歩するのもいいですね Docomo_kao1

       

       

      IMG_0248[2]-1.jpg

      おみくじは「中吉」でした。御神石に開運を念じたのが功を奏したのかもしれません。もしそうだとしたら、つまりそれは今までがかなり悪い運勢だった、と言えるのか…。ふむ、たしかにある、思い当たるふしがたくさんある(笑)。

       

      ちなみに、この写真のかわいらしいお稲荷さんがついているおみくじの中には、なんと「大大吉」も混ざっているそうです。いつか引いてみたいですね!

       

      とてもほっこりとする新年の参拝でした お願い

       

       

      ●YouTubeに神使のトリの動画をアップしてみました。毛並みがフサフサです。

       


      記事をお読みいただきありがとうございます

      山本不動尊

      0

        福島県棚倉町にある「石堂山徳善院 奥州山本不動尊」です。

         

        大同2年(807年)、弘法大師が東北行脚の途中に八溝山に住む悪鬼を調伏し、霊窟を開創したと言われています。

         

        01.JPG

        長い石畳が続く両側にはステキな紅葉が広がっています。

         

         

        03.JPG

        途中には「ダイスキ」という名前の木があり、ここにたくさんのおみくじのような、短冊のようなものが結び付けられていました。ダイスキって…てへ 名前がナイスですね!

         

         

        04.JPG

        小坊主さんが「こっちですよ〜」と道案内をしてくれています。

         

         

        05.JPG

        ここのお不動様は、霊窟というだけあって巨大な岩盤をくりぬいたかのような場所に祀られています。

         

         

        06.JPG

        御本堂です。花がきれいですね。まずは中に入ってご挨拶をしました。

         

         

        007.JPG

        山本不動尊の由緒です。御護摩祈祷は毎日決まった時間に行われます。

         

         

        08.JPG

        境内には、宝船に乗った七福神がお出迎えをしてくれます。そしてこの七福神から奥側を見ると……

         

         

        09.JPG

        見えるでしょうか。あの奥です。向こう正面です。

         

         

        010.JPG

        あの階段を上った先に巨大な霊窟があり、そこにお不動様が祀られているのです!

         

         

        DSC01802.JPG

        七福神の宝船から左側の階段を降り、この橋を渡って霊窟へと向かいます。

         

         

        011.JPG

        そしてこの階段を上っていきます。途中で後ろを振り返ると、正直、ビビります(笑)。

         

         

        012.JPG

        でもご安心ください。階段の両脇には、童子たちが参拝者をしっかりと見守ってくれていますから 手

         

         

        013.JPG

        霊窟堂です。お堂の正面には、不動明王の真言が書かれた板が置いてありますので、ここでお不動様から真言を授かることができます。

         

        真言は、心の中で唱える、という方もいると思いますが、授かった真言はぜひ声に出して(小声でもかまいません)唱えることをおすすめします。

         

        DSC01810.JPG

        このような巨大な岩の中にお堂が祀られています。大迫力ですね!ベンチも置いてありますので、そこに座ってゆっくりとしているだけでパワーがもらえます。

         

         

        014.JPG

        霊窟内には樹齢300年と言われる「おゆわやざくら」がありますが、ほぼ幹だけが残っているというような状況です。

         

         

        015.JPG

        布袋様、恵比寿様、そして大黒様がニッコリとしています。縁起がいいですね。

         

         

        016.JPG

        お大師様もおられます。お大師様のご宝号は、写真左の赤い旗にも書いてあるように「南無大師遍照金剛」です。

         

        私は声に出してご宝号を唱えましたが、周囲に他の参拝者がいると少し気をつかってしまう場合があります。

         

        ただ気がついてみると、上に掲載した階段の写真にも写っているように、私が霊窟へ向かう途中には他の参拝者たちがたくさんいたのですが、霊窟に着いたらなぜかみなさんそれほど時間をかけずに帰ってしまい、下から階段を上ってくる方も誰一人としていませんでした。

         

        「あれ…おかしいな〜、ひとりぼっちだ…」と、ただでさえちょっと暗い霊窟なのに余計に寂しさが増してしまいましたが(笑)、逆にお不動さまにもお大師様にもいろいろとお話をすることができました。

         

        この場所は、高い山の中にあるとまではいかないものの、周りは山合いに囲まれていますのでさすがに秋の寒さが身にしみます。袖なしのベストではやはり寒かったか…。

         

        そんなわけで、最後にお不動様にご挨拶をし、ゆっくりと階段を降り、先ほどの本堂まで戻ってみると、やっぱり参拝客がいっぱいいて霊窟へ向かっていくんですよね〜。さっきまですごく静かだったのに、なんでかな 汗

         

        あ、もしかしたら…(私としては大事なお話をするために参拝に来たということをすでに知っていて)周りを気にせずに話ができるよう、お不動様もお大師様もお取り計らいをしてくださったのかも、と思っています お願い

         


        記事をお読みいただきありがとうございます

        開成山大神宮 〜東北のお伊勢様〜

        0

          福島県郡山市にある「開成山大神宮」。ここは、あの伊勢神宮のご祭神である天照大神の「分霊」が祀られており、別名《東北のお伊勢様》とも呼ばれております。

           

          この分霊というのがミソでして、例えば各地にある遥拝所(本社や本山などに行くことが遠いために、そこで拝めば本宮参拝時と同等の効果・ご利益が得られるようにつくられた場所)のようなものではなく、まさに伊勢神宮より天照大神の御霊を分祀としている神社なのです。

           

          開拓の地である郡山− ここに天照大神の分霊をお祭りするなどという、当時としては全国的にも前例がない中、神宮司庁のゆるしを受け、明治天皇の御聖断を賜り、太政大臣(現総理大臣)の決裁が下りて、ようやくご請願が聞き届けられたのが明治9年のことだそうです。郡山の地で開拓を志した人々の熱き想いが伝わってきます。

           

          ※分霊という概念にはいくつかの解釈がありますが、ここでは開成山大神宮のHPにある

           由緒の内容を簡潔に、また追記も含めて記載いたしました。

           

          御祭神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)

           

          配祀神 豊受大神(とようけのおおかみ)

              神倭伊波禮彦命(かむやまといわれひこのみこと)

           

          DSC00481.JPG

          真っ白くて大きな鳥居です。こことは別に、国道49号線側にも鳥居があり、そちらからも入れます。

           

           

          DSC01382.JPG

          大きくて立派な拝殿からは、やさしくてやわらかい雰囲気を感じることができます。

           

           

          DSC01393.JPG

          境内にいるだけで心が落ち着いてきます。

           

           

          DSC00505.JPG

          境内にある桑野宮です。

           

           

          DSC00508-1.jpg

          その横には太子像もあります。

           

           

          DSC00523-1.jpg

          正一位開成山稲荷大明神。向かって右の狛狐は、口に巻物をくわえています。このお社の前に行く途中のことですが、私の共感覚である「ニオイスイッチ」がONになりまして、ある一か所で強いニオイを感じました。

           

           

          DSC00521.JPG

          私の他には参拝者がだれもいませんでしたので、少し長めにお話をさせていただきました。

           

           

          DSC00515.JPG

          祖霊社には、神徒会代々の霊神が祀られています。

           

           

          DSC00516-1.jpg

          こちらが祖霊社です。

           

           

          DSC01404-1.jpg

          開成山大神宮の向かい側には庭園もあります。きれいな花々がたくさん咲いており、とてもいい香りがします。素晴らしい癒しスポットです。

           

           

          ちなみに今回の参拝時に、とある事でいろいろと迷っていた事がありまして、どのように決めていいものかをご祭神に申し上げてみました。その後、賽銭箱の横にある自動おみくじ機(お金を入れるとおみくじが出てくるタイプ)を引いてみたところ、なんともまあ、それはそれは的確なご教示をいただくことができました。

           

          お願い事だけではなく、その人の進むべき道もしっかりと示してくださったことにありがたみを感じました

           


          記事をお読みいただきありがとうございます

          徳大寺 摩利支天

          0

            JR御徒町駅から歩いて数分の所に上野アメ横商店街がありますが、その商店街を高台から見守るような立地にあるのが、日本三大摩利支天の1つ「徳大寺 摩利支天」です。厄を除き、福を招き、運を開く、開運勝利の守護神として祀られています。

            DSCF0117.JPG

            参拝当日は日差しが強いほどのとても天気が良い日でした。

             

             

             

            DSCF0107.JPG

            大きな看板も掲げられています。

             

             

             

            DSCF0118-1.jpg

            境内から下を覗くとアメ横通りが見えます。活気に満ちていますね テゴシマーク

             

             

             

            DSCF0112.JPG

            ここの正式名称は「日蓮宗妙宣山徳大寺」といい、日蓮宗の開祖である日蓮聖人

            像と地蔵像があります。

             

             

             

            DSCF0113.JPG

            堂内に入りますと、熱心に手を合わせておられる方がおりました。静寂な空気に

            包まれて心が落ち着きます。

             

             

             

            DSCF0114.JPG

            浄行菩薩像がありました。お水をかけることができます。自分の心もきれいに

            洗われたかのような気持になりました お願い

             


            記事をお読みいただきありがとうございます

            明治神宮

            0

              渋谷区代々木にある明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。

              周囲の敷地に広がる植林は、青年団の勤労奉仕により整備されたもので、全国各地からの献木により植樹されました。

               

              創建は1920年(大正9年)。東京オリンピックが開催予定とされている2020年でちょうど100年を迎えることになります。

               

              良縁を求める縁結びの神社として有名ですが、その他には知る人ぞ知る強力な「龍穴スポット」としても知られており、大地の気がみなぎるパワースポットとしても人気が高い場所の一つです。

               

              DSCF0067.JPG

              大鳥居が見えてきました。さあ行ってみましょう!

               

               

              DSCF0068.JPG

              定め書きが掲示されていました。

              車・馬の乗り入れ、魚・鳥の捕獲、竹木伐採が禁止だそうです。

               

               

              DSCF0071.JPG

              長い参道が続きます。周りの木立が出迎えてくれているようにも見えます。

               

               

              DSCF0072.JPG

              深い緑が広がる鎮守の杜は、まさに癒しのスポットですね。

               

               

              DSCF0078.JPG

              境内には大きな夫婦楠があります。

               

               

              DSCF0079.JPG

              結構早い時間だったせいか、参拝者はそれほど多くなく、ゆっくりと見物が

              できました。

               

               

              DSCF00811-1.jpg

              すると、おお、目の前には新郎新婦とその参列者が!

              なんとおめでたいことでしょうか。

               

               

              DSCF0085-1.jpg

              末永くお幸せにサキ

               


              記事をお読みいただきありがとうございます
              1

                               

              ◎私のプロフィールです

                              

              ◎カテゴリー

                      

              ◎エントリー記事です

                     

              ◎これまでの記事はこちら

                      

              ◎ツイッターはこちら

              ☆画像付き掲載記事はこちら☆

              ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

                    
                               

              ◎最近のコメント

              • 音響波動と光のライアー演奏
                クニ
              • 音響波動と光のライアー演奏
                ジョージ

              ◎サイト内を検索できます