【インスピレーション3】内なる声とともに

0

    ※今回の内容は下記の記事と関連しています。併せてお読みいただければと思います。

     ・アシュタールが語った私の使命と過去世

     ・アシュタールが語った私の使命と過去世

     

    ある真夏の日のことだった。

     

    椅子に腰かけた私は、その暑さを少しでも凌ごうと片手にはアイスクリームを、そしてもう片方の手で、重くて分厚い『あるヨギの自叙伝』の本を支えながら膝の上に置き、ゆったりと読もうとしていた時だった。


    アイスクリームをたいらげた私は、手に残されたアイスの棒を捨てるために立ち上がろうと思ったが、わざわざ捨てに行くのを少し面倒くさいと感じ、テーブルの上にでも置いておけばいいだろうと思った。

     

    だが、アイスの棒をそのままテーブルに置けば、その部分が当然ベタベタとしてしまい、今度はそのテーブルを拭くはめになってしまう。「それじゃ、別に持ったままでいいか」と考え、片手に棒をずっと持ったまま本を読み続けていたのだが、ここであることに気がついた。

     

    私「この自叙伝の本……重すぎて片手では支えられない…」。

     

    おいしいアイスクリームを食べている最中はそれに全く気がつかなかったが、食べ終わったあと、500ページをこえる分厚くて重い本を片手で支えながらページをめくるという行為が、これほどまでにつらい「作業」という感覚に一変するとは思ってもみなかった。

     

    そんな私の横着な態度と、急に読書の意欲が薄れてきたことを、まるで「全部見ているぞ」と言わんばかりに、「喝」ともとれるインスピレーションが入ってきた。

     

    内なる声「得るものがあるということは、捨てるものがあるということを現す」

    うわわ…内なる声が届いた。きっと白龍様だろうか。それとも、この自叙伝にイラストとして描かれている神人のババジ殿(私はなぜか「殿」と敬称を付ける呼び名を好む)なのか、と思った。


    今ここで必要とする行動を、「面倒くさい」という思いでかき消してしまい、安易に「楽」を選び取る行為を良しとしない、という言葉であった。物質的な取捨の均衡を保つことも、この世に生きる人間の大事な務めの1つであるようだ。

     

    内なる声「得たものを失うことなく継続させたいという人間の物質的・権威的欲求

         には、そこに計り知れないほどの「貪欲の闇」が渦巻いている」

     

      私 「わかりましたー!」


    心の中で思いっきり叫んだ私は椅子から立ち上がり、わずか8歩ほど歩いたところにあるゴミ箱へアイスの棒をねじこんだ。この8歩の歩みを惜しむ横着さ…。なんともはや、怠け心がついたものだ。

     

    そして改めて、自叙伝の本を両手でしっかりと持って読んでみると、「おお、普通に読める、重いけど苦にならない、すごい!」と、白龍様やババジ殿から「そんな当たり前なことをおまえは今ごろ気がついたのか!」と思いっきりツッコミをされてもおかしくないほどの一人芝居を演じきり、そのままの勢いでしばらく読みふけってしまった。


    私の横着ぶりを見て、内なる存在が即座にインスピレーションとして鋭く、そして厳しくもあり、時には愛情もある示唆を与えてくださることに、この方たちは私の身近な「お師匠様」ともいえる頼もしい存在であることに変わりはない。

     

    Dr.テリー氏の記事にも記載したように、アシュタールから「あなたの内側にはドラゴンがいる」ということを告げられたこともあり、その存在をより一層、確信めいた証として心に刻むことができたことをとてもうれしく思う。

     


    記事をお読みいただきありがとうございます

    【インスピレーション2】 「良かった」

    0

      また頭の中に、一つのインスピレーションが入ってきた。

       

      自分にはこれから「良かった」と言える人生がやってくるぞ、というものだった。

       

      いろんな意味で、自分が良かったと思えることがこれから始まるらしい。
       

       

      【補足】

      すでに紹介した《突然のインスピレーション》と同じく、これも大震災の前の年にインスピレーションを受け取りました。

       

      私は、普段からこの「良かった」という言葉を、まるでおまじないのように唱える時があるのですが、この言葉を口にするだけでリラックス効果が生まれ、物事を肯定的にとらえるためのきっかけづくりにもなっています。

       

      今回のインスピレーションにあった「良かったと言える人生がやってくるぞ」とは一体どういった人生なのか、あれから何度か考えることがありますが、その真意はよくわかりません。

       

      けれどいつの日か、本当の意味が実感できる日が必ず来るであろうと信じ、いつもと変わらぬ毎日でありながらも、全くもって二度と同じ日は来ない今日という日に感謝をしつつ、人生を颯爽と生き抜いて行こうと思います。

       


      記事をお読みいただきありがとうございます

      【インスピレーション1】 「覚悟はあるか?」

      0

        その日も、いつものように車で職場へ向かっている時だった。

         

        時間は朝の8:30分ちょうどだった。

         

        すると突然、頭の中に次のようなインスピレーションが入ってきた。


        ???「今はまだわからぬものだが、

            そのわからぬものを

            受け入れる覚悟はあるか?」

         

        というものだった。

         

        突然でどう返答していいか、何をどのように受けとめていいのかわからなかったが、しばらくして私はこのように心の中で返事をした。

         

        私「・・・わかった。まあ、やるよ。それが自分の人生ならばやるよ」と。


        実は、これとは別にしばらく前にももう一つインスピレーション的なことを受け取っていたことがあり、その内容はどうやら私はこれからおよそ3年以内ぐらいにかけて、人生の中でも大きな転機がありそうだというものだった。

         

         

        【補足】

        私がインスピレーションと定義しているものは、例えば過去に経験した出来事などを踏まえて、そこから関連のある具体的な答えを脳が導びこうとした時に得られた、一種の「思いついた選択肢」ではなく、心に何ら思惑もない状況で、一瞬のうちに物事の内容を明示するかのようなメッセージを含んでいる、いわゆる「ひらめき」と言われるものを指しています。

         

        このインスピレーションを受け取った翌年に、あの大震災が起こりました。

         

        福島で仕事をしていた私は、これまで経験したことが無い状況にとても混乱しながらも、その翌日も職場に出勤して社員の安否確認をしていました。そして周りの方々も、大変衝撃的で不安な現実を受け入れることに毎日が精一杯でした。

         

        私が受け取ったインスピレーションにあったように、

         嶌はまだわからぬものだが、そのわからぬものを受け入れる覚悟はあるか?」

        ◆屬海譴らおよそ3年以内ぐらいにかけて、人生の中で大きな転機がある」

        という、2つの明示されたメッセージを順に見てみると…

         

        まず,離瓮奪察璽犬蓮△燭箸┐修慮充造魑颪鵑世箸靴討癲⇔慍転生を繰り返すいずれかの人生においては、それをやることになるのだ、という「人生の法則」的なものまでが同時に頭に浮かんだため、それをやることになっているのなら今やったほうがいいと感じたため、「わかった。まあ、やるよ」という考えになりました。

         

        △砲弔い討蓮∩圧したようにこのインスピレーションを受け取ってから翌年に大震災が起こり、やはりこれが大きな転機となり、これまでの自分の人生では無かった人生観を持つようになりました。

         

        受け入れる覚悟をもって人生を生きる・・・

         

        時にそれは、大きな障害となって行く手を阻み、自分の歩むべき道をおびやかすかもしれません。

         

        しかしそれであっても、希望を捨てずに前を向き、歩みを止めず、自分を信じながら颯爽と生きることに、きっと大きな学びがあるのでしょう。

         

        そう信じて、人生最大の思い出になるかもしれない「今日」という現実を受け入れながら、これからも歩み続けていこうと思います。

         


        記事をお読みいただきありがとうございます
        1

                         

        ◎私のプロフィールです

                        

        ◎カテゴリー

                

        ◎エントリー記事です

               

        ◎これまでの記事はこちら

                

        ◎ツイッターはこちら

        ☆画像付き掲載記事はこちら☆

        ●スマホからご覧の方●PC版表示からスマホ版表示への切り替えはここです↓

              
                         

        ◎サイト内を検索できます